夏祭りという名前のお菓子を友に。

b0368629_21522446.jpg

b0368629_21525613.jpg

b0368629_21531590.jpg

友達のお店へ訪れました。大丈夫かなって、ずっと気がかりでした。頑張っている友とお母様、二人を見守る優しいお父様にと美味しいお茶と一緒にゆっくりして頂きたいって思い、ささやかな夏の贈り物。気づけば長い、おつきあいになりました。

本当は、京都まで行かないといけないんだけれどね。期間限定で新潟で購入。自分用にも購入。今年の夏はハードです。夏休み返上。仮決算までに修正しないといけないことが山ずみ。できるんかと本当に思う。職場の水やりもあるし・・・・・・。

夏旅、行きたいなあって。ふつふつと現れる。カレンダー見たら夏の終わり秋の始まりだなと・・・・・・。ぶらっと、電車旅したいなあ。気になる電車にって思っています。リラックスできる時間が必要だなあって。

珍道中しつつも、旅好き。子供時代から、あちこちへと連れて行ってくれた両親との思い出は、やはり夏の旅が一番記憶にあるなあって。ふと思うのです。

この「夏祭り」。本当に食べるまで半日かかりました。かわいいでしょう?。お皿に映りこんだ夏の空の青。青が好きなので、うっとりでした。玉砂利は、胡麻の味です。金魚を食べる時は、ごめんよって言いながら(笑)。優しい友達家族も、きっと食べるまでに時間かかったんだろうなあって。そんなことを思うと、ほほえましくなった休みの日でした。
[PR]
by aipopy | 2016-07-22 21:53 | 綴ること | Comments(0)