大好きなビオラ

b0368629_14293785.jpg

b0368629_14301781.jpg

b0368629_14304110.jpg

b0368629_14305823.jpg

b0368629_1449929.jpg

素敵なお花でしょう?。長い旅をして我が家へ。届いたその日に嬉しく撮影しました。なかなか、私の腕では実際の繊細な色合いが表現できません。

パンジー、ビオラは子供の時に母が育てていたので身近な植物でした。幼稚園の時に、カタログで見た時のインパクトが強かった「うず潮」。

当時は、ブロッチの入ったパンジーが、生まれ育っている場所では多かったと覚えています。母は、通販で種を取り寄せたり、苗は昔から野菜や生活用品を販売する地元の市場で出店するお店に行って買い物をしていました。それから、小学になって園芸店が少し遠くですがOPEN。家で育つトックリランは、もう30歳になりました。花を育てるのが大好きになったのは、母の影響が強いです。

この花々は、花色が物凄く繊細。絵の具をにじませたようなグラデーションが美しく。青いベインのビオラは私が大好きな色。微妙な色合いが誕生する時代となりました。だいぶ進化しています。固定種ではない、自然交配で誕生したお花。世界に一つのお花。雰囲気は似ていても、表情が違います。初冬を感じさせる晩秋に訪れた憧れのお店で出会いました。素敵なお花に出会えて嬉しい思いでいっぱいです。

冬の寒さにあたった色から暖かくなるにつれて、どんな色へと変化しますでしょうか。

仲良く咲いているお花を見つけると、優しく温かいオーナー御夫妻を思い出しました。御夫妻は、仲がとってもよくて、ほほえましくなります。さりげない言葉から、温かくお互いを思う気持ち。お話しできて、とっても素敵な御夫婦だなあって思いました。

気になったお花から自然交配になりますが、私も種を採取してみようと思います。アドバイス頂いたので、その頃に。どんなお花が誕生するでしょうか。今から楽しみが増えました。
感謝をこめて。
[PR]
by aipopy | 2016-12-03 04:18 | 綴ること | Comments(0)