b0368629_11373463.jpg

b0368629_11374798.jpg

b0368629_1140163.jpg

b0368629_1138087.jpg

b0368629_1138166.jpg

野菜コンテナで育つ元気モリモリなビーツの葉を見て「そろそろ収穫適齢期突入。」と呟きました。9月に種まきすると、11月~12月に収穫期と説明には記載。ボルシチを作ってみたくて育ててきました。葉も立派になり試し採りしなくちゃ・・・・・・。ビーツ、ビーツ、私のボルシチっていう歌まで歌いながら、引っこ抜きました。

「やばい。これは、大失敗じゃ・・・・・・。いちよう、農に関連のある仕事に携わっているのに・・・・・・。」タネの袋の写真のように丸にならず、寸胴のオチビさんです。「何、これ。」と母には、呆れられてしまうし。肥料も種を蒔く時期も守っていたのに・・・・・・。コンテナだから?とも頭をよぎりました。謎です。

「自分はブラックじゃない。」と心の中では思っていました。やっぱりブラックなんですかね・・・・・・。ブロッコリーは上手に栽培できている気がします。プロの農家さんには足元もおよびませんが・・・・・・。

小さいけれど調理するかと台所に立ちました。3人分のボルシチはさすがに量的に無理です。お代わりなしなしのビーツスープにしました。ビーツ、人参、玉ねぎとシンプルな野菜、塩、こしょうと、コンソメ味にしました。トマトは入っていません。ビーツの色のみです。こうして見ると、ジャガイモやブロッコリーを入れてもよかったかな。いたってシンプルではありますが、おいしくできあがりました。

ビーツは栄養的に優れているとのこと。葉も料理に使えるので、夕食に料理をしましょう。残りの二株は、いつ収穫したらいいのかなあと頭をよぎります。春になれば、真ん丸ビーツに育つのでしょうか。大いに謎のまま越冬です。

ビーツの苗は、茎や葉の葉脈が美しいので、観賞用にもいいかも。今度は、地植えにして実験です。
サワークリームを乗せればよかったのかな。私的には、要らない気がしますが、いろんなレシピを調べてみました。ほぼ、サワークリームを乗せていました。意外と合うのかなあ・・・・・・。
[PR]
by aipopy | 2016-12-05 05:01 | 庭の植物 | Comments(0)

Nobember

b0368629_13502047.jpg

b0368629_1350363.jpg

b0368629_13505651.jpg

11月になりました。あっという間に1年が来月で終わります。この1年、少しは成長したのかなあって思うこともあり・・・・・・。2016年もあとわずか。忙しくても穏やかに歩んで結果を出せればと思います。

小さい庭ながら、何かしら季節の花々が咲いていて、成長を見守りながらガレージへ歩いていく数分が、かけがいのない朝の日。

玄関を出ると左手に植えた三つ葉シモツケ。移植してから3年沈黙。3年越しに咲いてくれました。楚々とした白い花は茶花としても愛されているようです。

季節が移ろいでいくとともに葉の色がセピア色になりました。株元で咲く植物は、ダークカラーのホトトギスです。この組み合わせが好きだなあと思ったり。庭からは、いろんなことを学んでいます。厳しい季節を乗り越えて成長していくこと。自分自身と重なることも多くあります。

自分のペースで楽しもうを合言葉に園芸を楽しんでいきたいです。

1枚目 三つ葉シモツケ
2枚目 朝の日のシモツケとホトトギス
3枚目 新しく迎えたホトトギス「青竜」
[PR]
by aipopy | 2016-11-01 05:26 | 庭の植物 | Comments(0)

仕込まなくちゃ。

b0368629_10165417.jpg

b0368629_10182829.jpg

「私のチューリップ、用意してくれた?」
「何~・・・・・・。」

仮決算が突入し、普段の仕事に仮決算の仕事も加わりました。体力・気力と落ち込む中に母に言われた一言。すっかり庭作業が停滞している日々。球根の用意を忘れていました。園芸店に行こうと思ったものの、いまいち足を運ぶ行動力が低下中。秋薔薇を見にいこうと予定をいれていました本日も、体力温存のために止めた次第。おとなしくしていました。

次の休みで、美しい美男子映画を観て解毒せねば・・・・・・。

さて、大好きなガーデンとなりました。大人のチューリップ。赤系のチューリップも庭に植えられていますが、子供っぽくならず印象に残っています。春の日は、新しい環境になかなか慣れず、慣れない仕事量で心が折れていました。心がギスギス、ヒステリックに、このままでは、いけないと思い急遽、浄化せねばと片道3時間半の電車旅をして訪れました。春のぽかぽか晴れた土曜日の日に訪れた庭やSさんから元気や優しさを頂き後にしました。

Sさんの素敵なガーデンには近づけない私の庭。庭の植物の組み合わせは真似っこできるかなあと思いプランを考えてみました。

チューリップの季節に訪れた日の写真は、いずれ早春にUPをと思っています。来年は、また今年とは違う植栽で多くの方々を出迎えてくださることでしょう。

プランを考え、結局ネットで注文をしました・・・・・・。球根代、積立しておかないと大変。500円玉貯金しなくちゃ。

庭に咲くチューリップや草花・・・・・・。来春を夢見て、少しずつ作業を進めたいなと思います。

嬉しいこと

メランポジュームの影で、今年Sさんのお庭で販売されていたユーフォルビアのこぼれ種が誕生していました。家の環境にも合っていて、栽培方法もSさんに教えて頂いたとおりにしています。Sさんのお庭のユーフォルビアは存在感がありました。寄せ植えも素敵でした。

少しずつ大人の庭に変化していきたいなあ。
[PR]
by aipopy | 2016-10-30 10:07 | 庭の植物 | Comments(0)

b0368629_945029.jpg

この色は大好きな青。どこか、切ない青い色です。我が家では、秋にしか咲かないラベンダーセージ。チビ苗が大きくなりました。

b0368629_951252.jpg

大鉢で育てているBella Donna。今年の春には、うさぎビオラを一緒に育てていました。そのビオラの種がこぼれ種で誕生していました。出勤の時に気付き、とても嬉しく思えたのです。

1日目は、淡いイエローで咲き出しました。固定種ではないので、色は定まりません。そこが、面白いかなあ。2日目、色が変化していくかもと思えました。3日目には上側の花弁が、パステルブルーに変化しました。色が変化していくビオラのようです。

畑というほど広くない庭の片隅の野菜を植えています。先日のパスタで最後になった茄子とピーマンの後には、ブロッコリーを4株、紫のカリフラワーを植えました。花と一緒に野菜が育ちます。

そしてプランターに種まきしたある野菜。この野菜を育てて料理にしたいのです。無事、収穫できたら記事に・・・・・・。

夏の整理をしながら、秋に咲く花々、そして秋野菜を楽しんでいきたいです。
[PR]
by aipopy | 2016-09-08 04:51 | 庭の植物 | Comments(0)

庭作業の後の楽しみ

b0368629_8113332.jpg

b0368629_8115018.jpg

平日の日は、朝の10分から20分だけ庭作業。水やりで精一杯。週末の朝と夕方に、集中して庭作業をしています。水やりしながら花がらを摘んだり、剪定したり。この季節は、藪状態になり毎年、反省の日々です。

今日は、真夏の暑さにも強いランタナと、今年たくさん咲いている大好きなクレマチスの踊り場を生けました。家では、鉢植えのほうが相性がいいのかなあ・・・・・・。

目の前の花瓶に生けた花、そして庭の夏の花、ブルー・バーベインの蜜を吸いに遊びに来ているアゲハ蝶、たわわに実る稲のグリーンの波、山を見ながら蟋蟀のオーケストラが奏でる音色の中での朝ごはんは、贅沢な朝時間です。

それにしても、まだ暑いのに、秋明菊ダイアナが咲き出しました。こんなに早く咲くとは・・・・・・。アブラゼミの鳴き声も聴こえなくなりました。先日、栽培履歴を受け取り回収に出かけた某所では、家の近くでは生息しないツクツクホウシが鳴いていました。車で10分くらいしか離れていないのに、生息している蝉の種類が違うんだなあと毎年、夏になると感じます。
[PR]
by aipopy | 2016-08-20 08:10 | 庭の植物 | Comments(0)

一目惚れ

b0368629_6242698.jpg

b0368629_6301141.jpg

b0368629_6302811.jpg

b0368629_6304333.jpg

b0368629_6305641.jpg

一番上の写真は、イコロの森で一目惚れしたゲラニューム。かっこよかったのはイコロの森の魔法かもしれません。早速、たぶん同じ品種ではないかと苗を新潟にて見つけました。

スノーグースの近くです。春は、ちょこっとしか咲きませんでした。ストライプのブルーの色が、越後だと少し違うんです。ストライプの量も少なめ(汗)。

さて、初夏に少ししか咲かず。来年の初夏まで待たないとダメだなあと思っていたんです。休みの朝、窓から眺めたスノーグース。ものすごい花数だなあって思って目を向けました。ふと、白い花が目に映りました。

来年の初夏まで諦めていたゲラニュームが、いっぱい咲いているのです。もう、びっくり。イコロで咲いていた数には程遠いですが、家の庭では多いほうです。真夏ですし。

高温すぎるとこのストライプのブルーは、出にくいのですかね・・・・・・。でも、健気にいっぱい咲く姿を見ていたら、力を頂きました。そして涼やかです。願わくは、もう少し青の量が増えてほしいと念力です。

イコロの森に飛んでいきたいなあ。盛夏のイコロは、どんな感じに変化しているんだろうか。どこでもドアが欲しい。
[PR]
by aipopy | 2016-08-11 04:09 | 庭の植物 | Comments(0)

7月の終わり

b0368629_915253.jpg

b0368629_9152351.jpg

母が手入れを少しずつしてくれているけれど。気づけばボーボーと育っている庭。今年もバッタが物凄くて・・・・・・(涙)。4時30分から2時間だけ庭作業をしました。それだけでも体がなまっていて疲れてしまう駄目な人。

ジャンジャンになっていたガウラを切戻しできて、気持ちがほっとしました。また伸びて咲く一生懸命な植物。

朝の作業。ハニーサックルの匂いで脳が動き始めました。この花は特別な楽しい夏の思い出があります。

お日様のような、花火のようなルドベキア・ヘンリーアイラーズ。小さ目の花で背丈が私の身長ほど。このルドベキアは、花弁も好き。年々、大株になっています。

盛夏です。
[PR]
by aipopy | 2016-07-31 08:57 | 庭の植物 | Comments(0)

Deuil de Paul Fontain
b0368629_18124147.jpg


Cardinal de Richelieu
b0368629_1813127.jpg


Bella Donna
b0368629_18131334.jpg


Snow Goose
b0368629_18133041.jpg


今日は、かなり気温が上がりました。お友達の所は、もっともっと暑いはず。みんな、熱中症にならないようにって思っていた日曜日。私は、早朝と夕方の涼しい風が吹いてきてから庭へ。

Deuil de Paul Fontainは、田んぼからの暴風で、葉がチリチリに。思い入れのあるモスローズ。横浜イングリッシュガーデンで見た薔薇は樹だなあって思うほどカッコいいモスローズでした。

明日から仕事。平日の朝という限られた時間だけ楽しむことができる薔薇。咲くのが楽しみです。今年からSnow Gooseは、オベリスク仕立てにしました。少しずつ庭も、ちいちゃな小道を作ってみたけれど生育が良すぎる植物の箇所は、小道がふさがりました。少しずつ、修正しないと駄目なんだなあ。

b0368629_1814241.jpg

いきなり、あっという間に満開だった白いオンファロデス。Aさんから頂いた。毎年こぼれ種で咲く。一気に植物が咲き出した。光が強い場所だけれど、真夏もお辞儀したらたっぷりのお水だけ。みんな強くなった。

b0368629_1814153.jpg

リベンジしたリムナンテス。白に黄色の目玉焼きです。種を直播にしました。青い花は、勿忘草ブルームッツ。こちらも直播です。直播で生育するので、とても頼もしいです。

b0368629_18143791.jpg

シラー・ベルビアナ。光が強く浴びるところは、大き目で咲いています。この子、大好きな植物です。大好きな星形の花。

b0368629_1816266.jpg

別の場所から移植して3年目で、ようやく蕾をつけました。大好きなミツバシモツケ。ホタルブクロと咲く姿が好きなのですが、ホタルブクロは宿根しませんでした。

明日から、仕事です。嬉しいことを考えながら、日々しんどいことを乗り越えて頑張る。
[PR]
by aipopy | 2016-05-15 18:17 | 庭の植物 | Comments(0)

b0368629_21213556.jpg

b0368629_21225596.jpg

片づけても片づけても、仕事が減らない。しかも机の上が山になり、なだれ込む(涙)。やっぱり、家庭に向かない人間なんだなあと、先輩の机の上と比較し落ち込む。リフトの税金が今月末に、いっぱいなんだけれど、間に合うのか不安です。

毎日、泣きたいくらいだ。そんな気持ちでいっぱいだけれど、ヘラオオバコの佇まいが好きだ。ぺんぺん草だと言われようが、トトロの通り道で咲いていたあの風景に憧れた。大好きなヘスペリスと咲かせてみると、ぺんぺん草には見えないと思う。

もうじき茶の椅子付近には、赤いバラが咲きだす。

気づけば、ストール巻いていたのに首が思い切り赤くなっている。やだなあ。明日は、昼間で仕事。
[PR]
by aipopy | 2016-05-13 21:23 | 庭の植物 | Comments(0)

b0368629_8163651.jpg

へらおおばこ。野の草。となりのトトロで登場した庭が好き。ジブリの映画は、背景として描かれる場面も興味深いです。園芸SHOPでお迎えした子は、あんまり増えないけれど野から連れてきた子は、種を飛ばしてあちこちで増えています。葉の光沢が違うんです。

雨の重みで倒れた二人。Xってなっている・・・・・・。
[PR]
by aipopy | 2016-05-08 08:03 | 庭の植物 | Comments(0)