カテゴリ:Voyage( 40 )

春爛漫の庭へ 最終章

b0368629_11572949.jpg

b0368629_11513592.jpg

b0368629_11574322.jpg

b0368629_11575655.jpg

b0368629_1158757.jpg

b0368629_11581953.jpg

b0368629_11591190.jpg


もしも今の庭より広い庭があったなら・・・・・・。皆さんは、何を育てたいですか?。私は、ポタジェと草花のある庭です。今も庭の片隅で、ちっちゃいスペースで野菜を育てています。虫と格闘しながら収穫した野菜、自分で言うのもですが野菜の味がして、美味しいです。家は、ハウスはないので露地栽培です。

ブロッコリーの甘く濃い味。トマトは、どうも上手くいかず、尻ぐされ病になるトマトが多い(汗)。夏野菜は、ピーマンと茄子のみ。もっと育てたいところです。茄子は大好き。ピーマンも大好き。

さて、こちらのお庭のポタジェ、大好きなんです。もっと生育した時にも伺ってみたかったなあ。我が家ではマメ科は相性が悪いのですが、こちらのお庭ではマメ科が合うんですね。元気抜群。

コンテナには、野菜の寄せ植え。葱は苦手だけれど、葱坊主に惚れました。かっこいいです。野菜の寄せ植え、作ってみたいなあって。自分で育てたら、好き嫌いなくなるかな。

たぶんパクチーだけは無理です・・・・・・(涙)。大量の葱も駄目かも~。春から何を育てようか野菜の本を見ています。

一番最後の写真は、ずっといたいなあと思ってお庭を後にした野原の写真。この自然な野原、いいですよね。お庭に咲く花の種が風に乗って旅だってきたのかなあと思ったり。自然の力で生育している姿を見て、元気を頂いたのでした。

今回で素敵な春の庭が最終章となります。長くおつきあい頂きありがとうございました。
[PR]
by aipopy | 2017-03-06 05:02 | Voyage

b0368629_11454530.jpg

b0368629_1146339.jpg

b0368629_11461986.jpg

b0368629_11463410.jpg

b0368629_11464995.jpg

b0368629_114722.jpg

b0368629_11472416.jpg

b0368629_11473736.jpg

b0368629_11475147.jpg

b0368629_1148321.jpg


素敵な室内、外を眺めてお喋りをして美味しい紅茶とスイーツタイム。贅沢で心が穏やかになる時間でした。

ピントが合わなかったりしていますが、気になる植物も沢山。一重の花は、ポレモニューム?。半日陰でないと難しいのかな。我が家は、日当たりガンガンなので、半日陰向きの植物は難しいです。このチューリップと忘れな草のブルーの組み合わせが好き。どのくらいチューリップの球根を植えていらっしゃるのかなあ。大人のチューリップ咲く季節の庭に出会えて、嬉しかったです。

この春、小さな庭で咲くチューリップに出会える日がドキドキです。なぜか、家で咲くチューリップは、GW頃がピーク。今年の秋は、早咲きのチューリップもお迎えできたらと思っています。早咲き、中生、晩生と選べばロングランで楽しめるから・・・・・・。
[PR]
by aipopy | 2017-03-04 08:26 | Voyage

b0368629_8531999.jpg

b0368629_8533358.jpg

b0368629_8534674.jpg

b0368629_8535933.jpg

b0368629_8541249.jpg

b0368629_8542677.jpg

b0368629_8545046.jpg

b0368629_855333.jpg

b0368629_8551641.jpg

b0368629_855304.jpg

b0368629_8554135.jpg

b0368629_856267.jpg

b0368629_8561636.jpg

植物の力って最強かもしれません。仕事でミスって暗かった気持ちだったのに、帰宅する頃には「また頑張ればいい。」って上を向いて頑張ろうと思えたから。笑顔が素敵な斉藤さんとお話しして元気を頂きました。

先回は、横構図写真でした。今回は縦構図です。今、こうして拙い写真を見ているだけでも穏やかな春の陽気の日を思い出します。

斉藤さんのお庭は、晴れの日も雨の日も素晴らしいお庭。庭は人なのかな・・・・・・。明るく優しい斉藤さんとお話しして思うのでした。

レンガ色のブリキポットに入っているオレンジの素朴なお花。ポテンティラという名前だと思いましたが、丈夫に越後の地に慣れて育っています。コンクリ塀前の植え込みで生育していますが、雨が止んだ後のコンクリの色を背景にしたポテンティラ。けっこう個人的に好きです。無機質なコンクリ塀とオレンジの花・・・・・・。今年も楽しみに花咲く季節を思い浮かべるのでした。もちろん晴れの日もお日様のようで元気をもらえます。

まだまだ続きます。
[PR]
by aipopy | 2017-02-25 05:22 | Voyage

b0368629_10312830.jpg

b0368629_10314985.jpg

b0368629_1032275.jpg

b0368629_10321825.jpg

b0368629_10323380.jpg

b0368629_10324575.jpg

b0368629_10331030.jpg

b0368629_10332275.jpg

b0368629_10333684.jpg

b0368629_10334893.jpg


2015年の秋、お友達と御一緒した雨降る風情のある庭。それから5か月後の春爛漫の庭を尋ねました。大きな樹木があるので、野鳥がいっぱい遊びに来ています。キラキラした穏やかな春の庭を見せて頂きました。チューリップや春に咲く植物の生き生きとしたパワー。

普段、横の構図は苦手なのですが、今回は横の構図のみです。こちらのお庭は、どの場所を選んでも素敵です。構図や光の練習をしないと・・・・・・。毎度、思います。

春の庭の主役は、チューリップ。斉藤さんのセレクトのチューリップは、ビビットなチューリップも選ばれているのに、子供っぽくない植栽に。緑が重要に思っています。斉藤さんのお庭のチューリップが素敵だったので、真似っこして選んでみました。小さな小さな庭なので、真似っこできていないだろうけれど、楽しみです。

今度は、春一番に咲く薔薇の季節の頃、訪れてみたいです。
[PR]
by aipopy | 2017-02-17 21:50 | Voyage | Comments(0)

b0368629_2148157.jpg

b0368629_21484891.jpg

b0368629_2149222.jpg

b0368629_2150172.jpg

b0368629_2155434.jpg

時間は、だいぶ遡り昨年の4月16日です。異動してきて、仕事の波に慣れず悪戦苦闘していました。このままでは、気持ちが爆発しちゃうかもしれない・・・・・・。こういう時は、穏やかになれる花咲く場所へ行くことが多いです。美しい場所を見て、心が穏やかになって、悩んでいたこともよい方に導くかのように、気分転換をします。実は、仕事でミスっちゃった翌日になりました。ちょっと、出かけた朝は、悩んでいた最中。

新幹線で大宮まで行き、そこから電車を乗り継ぎました。けっこう、あっという間です。どうでもよくなって「間違えたら軌道修正すればよい。」って・・・・・・。窓から見える春の景色が、新潟より進んでいます。2週間早いかもしれないなあって思っていました。

TOPの紫花菜。大好きなんです。この色が、春色です。駅に到着した瞬間に、ほっとするなあと思った窓からの1枚。駅の木のフェンスも、ナチュラルでした。

ここから、信頼しているお友達から教えて頂いたとおりに歩きます。途中、火災があって迂回路を歩いてと言われて、変な小路に入ると迷うんですよね。ちょっと、大丈夫かどうか教えて頂いて進むべき道を歩いて行きます。

以前、訪れた時は、お友達運転の車に乗せて頂いたので、よーく道を覚えていなかったことを悔やみました。なんとかなると思っていると、ここ来たことがあると思った景色。憧れのお庭へ再来となりました。

訪れたことがある方には、すぐにわかってしまうと思いますが・・・・・・。これから、しばらく素晴らしかった春の日を振り返ってみたいです。しばらく、おつきあいくださいね。
[PR]
by aipopy | 2017-02-11 08:22 | Voyage

b0368629_14453258.jpg

b0368629_14455161.jpg

b0368629_1446646.jpg

b0368629_1446204.jpg

b0368629_14463483.jpg


白山様でお参りをして、上古町を散歩する。ここずっと、私の正月の定番となっている。正月休みの張り紙の店が多い中、散歩する。入りたいギャラリーがOPENするまでの間、運動を兼ねて古町6番町まで歩く。調べていた、一度入りたいと思っていた喫茶室。

確か、ここらへんなんだけれど・・・・・・。見逃しているかなと思ったら、大丈夫だった。お店の方が開店ですと教えてくださる。常連客らしい女性客に「寒いですね。階段を上るとお店なんです。」と声をかけられて挨拶し、後に続いてお店へ。

室内は、レトロな広い喫茶室だった。クラシックが流れている。読書に没頭できそう。次から次へとお客が入ってきたが、騒々しくなく、それぞれの時間を楽しんでいた。お腹も空いてきたし・・・・・・。ホットサンドとか、サンドイッチが大好物。早めの昼も兼ねて、ホットサンドとココアを頼んだ。美味しかったし、寒さで冷えた体を、甘いココアが温かくした。ホットサンドは、お店それぞれの味がある。友達が店長として頑張っているお店のホットサンドも好き。どうやら、朝の開店時間でも、ハンバーグランチも頼めるらしい。隣の席の、50代くらいの男性客が頼んでいた。

お店の方も、年配の方が営業されていらっしゃる。このお店、いつまでもあってほしいなあと思い店を後にして、一度訪れてみたかった場所へブラブラ歩く。
[PR]
by aipopy | 2017-01-06 20:17 | Voyage | Comments(0)

晩秋のLucy Grayにて

b0368629_9305562.jpg

b0368629_931927.jpg

b0368629_9312422.jpg

b0368629_9313755.jpg

b0368629_9315099.jpg

b0368629_932887.jpg

b0368629_9322587.jpg

b0368629_9323965.jpg

b0368629_9325458.jpg

b0368629_9331078.jpg

初冬の始まりのような日曜日の朝、電車に乗って憧れのお店へ。自分で運転しなくていいので、電車は楽です。都会の電車に慣れていないので、お友達に教えて頂いて感謝しています。

初めて通る景色を見ながら最寄り駅へ。本当に、こっちでいいのかなあって他のお店の人に「図書館は、この道で大丈夫ですか?」と聞いて教えて頂いて、無事たどり着きました。土地勘力のなさに自分でも情けなくなったところです。

そろっと園芸作業を進めないと、雪降ったらアウトと思い始めた11月中旬。すでに、時は遅いのですが・・・・・・。庭や鉢に植える苗を用意していない。

お店に伺うと、素敵なビオラに出会えたり、欲しかったサルビア・ライムライトを見つけたり。ライトバイオレットのデージーに出会えたり。どの苗も新鮮で、お手入れがしっかりとされています。

お迎えした苗の皆さんは、越後の環境にも慣れてきたようです。もっと、おしゃれに植えることができたらいいのになあって思いました。晴れたら、写真を撮りたいな。

優しい笑顔と明るい御夫妻に出会えてパワー頂きました。そして大好きなSさんに偶然にお会いできて・・・・・・。びっくりです。元気そうで何よりでした。この日、訪れて幸せだなあと思う日曜日となり、感謝しております。また、お二人にお会いできますように。お店に、伺えることができますように♫。どこでもドア欲しくなりますね。

室内の売り場で、ルビーを小さくしたような猫の小さ目のオブジェに出会えました。庭のどこに置こうかな・・・・・・。最近、好きなグラスの場所に置こうかなあ。ここずっと、週一で庭を楽しむスタイルになりました。無理しないで、自分の身の丈にあった庭作りをコツコツとを合言葉にして頑張っていけたらと思います。

しかーし、まだ球根の植え付けが終わっていない私・・・・・・。間に合うのか。ストーブの前から動けなくなっていると言うのに・・・・・・。もうしばらくすれば春はすぐそこです。

どの植栽も素敵なお庭。三輪車が可愛くて。葉牡丹とビオラの植栽の1枚をTOPにしました。小さい時に乗っていた三輪車を思い出してしまい懐かしくなりました。この植栽も自然で好きです。
[PR]
by aipopy | 2016-12-24 18:10 | Voyage | Comments(0)

b0368629_820258.jpg

初めての場所は、かなり不安になります。お友達のブログでお店の名前を存じていたものの土地勘がありません。日暮れの時間帯になると心細くなります。駅から1分とのこと。1分が恐ろしいことになることを経験しているので、怖いんです。鎌倉から最寄り駅に、想像以上に早く着きました。迷ったら大変と、地図を見ながら予行練習でお店まで向かいます。予行練習をしている人って私だけかもしれない・・・・・・。心配性すぎるのも、よくないことです。

そしたら、意外と難易度が低く大丈夫でした。再び、暖かい駅ビルに戻り・・・・・・。まだ約束の時間まで、かなりありまして・・・・・・。道草をしちゃいました。貯金箱を買おうか迷い・・・・・・。母が好きなスターウォーズのあの子がいる。でも、こんな買い物をしていたら大変。母よ許せでした。

新潟にもあるだろうと思いましたが、未だあの子を発見できていません。地方には1年後に到着するだろうと思っています。今度は、本番でお店へ。でも、誰もいない・・・・・・。そこらに隠れていて驚かそうと思っているんじゃないかと思ったくらい。いつもお世話になりまくっているAさんに発見して頂きお店へ。

初めてお知り合いになったKさん&Mさん。そして、いつも頼りにしているBさんとTさんと6人での、楽しい時間となりました。話には聞いていたけれど、お店のシェフのお兄さんが気になって仕方ない。一人でお店を切り盛りしているのです。私やお友達の他にもお客さんがいらっしゃるのに、手際よく一人でお仕事をされていらっしゃる。あまりにも凄いので助っ人の小人がいるんじゃないかとか、双子の人がもう一人いらっしゃるんじゃないかと思っていました。

どの料理も美味しくて。一番、私でも真似できそうなのが、柿とクリームチーズと生ハムの料理です。来年、新潟が誇る「おけさ柿」に新潟のクリームチーズで生ハムも越後のお店で調達できたら越後材料で作ってみたい料理となりました。柿は、私は固めが好き。クリームチーズも佐渡のチーズを取り寄せてみようかなあって、気持ちは来秋に。

今回、自力で宿泊先まで帰らないといけないので、お酒を飲みませんでした。お酒と、パセリさんの料理を頂いたら、また料理の味の印象が違うかもしれません。今度は、隣のホテルで宿泊をすれば、アルコールと料理を楽しめそうです。

帰りは、事件1と事件2を・・・・・・。しでかしてしまいました。素敵な方々を御紹介して頂いた御縁を大切にと思います。お友達から、パワーをいっぱい頂いたので仕事を頑張ろう。

パセリさんの黒板のメニューで気になったのが・・・・・・。鶏の悪魔風何とかというメニュー。正式料理名を忘れちゃいました。気になっているので、今度お店に伺った際に楽しみたいと思います。新潟にも、パセリさんのようなお店があったらいいなあ・・・・・・。

写真は、ブレブレの1枚(汗)。料理の写真は、難易度が高いです。
[PR]
by aipopy | 2016-12-23 08:20 | Voyage | Comments(0)

大好きな鎌倉の寺へ 2

b0368629_83069.jpg

b0368629_8303288.jpg

b0368629_83045100.jpg

b0368629_830591.jpg

b0368629_8311564.jpg

b0368629_8332457.jpg

b0368629_8314739.jpg

b0368629_832144.jpg


先回の続きです。赤い菊が出迎えてくれて、今年も来たんだなあって思いました。人も多かったですが、東慶寺は静かだったので、落ち着いて見学できました。東慶寺を後にして、ここから人の波に流され、鎌倉駅まで歩いていました(汗)。

両親にかさばらないお土産をと思っていたので、鎌倉彫のお店へ。縁起の良い、鶴と亀の箸を購入。豊島屋の本店では、職場の人に鳩サブレを。違うお菓子をと思ったのですが、ものすごく並ばないといけなくて断念。今度、平日に来たら購入できたらいいなあって思っています。

足がパンパンになったのと、寒いので休もうとチェックしていたお店を尋ねると、1時間待ちで諦めました。地元のスーパーの2階に喫茶店があったのを見つけて足を運ぶと10分待たされて、体を休めました。待つ時間に、スーパーに並ぶ品物を見ていると、物価の違いがわかったり。このスーパーの雰囲気は好きだなあと思ったり。

オーソドックスなダージリンティーが、美味しく。砂糖は普段いれないのですが少し加えました。体が温まり、東京へと向かいました。デザートは夜のために我慢でした。
[PR]
by aipopy | 2016-12-17 08:32 | Voyage | Comments(2)

大好きな鎌倉の寺へ 1

b0368629_1059492.jpg

b0368629_110664.jpg

b0368629_1102057.jpg

b0368629_1103455.jpg

b0368629_1104887.jpg

b0368629_111546.jpg

b0368629_1111856.jpg


上司その1:「鳩サブレじゃん。いつ鎌倉行ってきたの?。どこ行ったの?」
私:「縁切り寺です・・・・・・。」
上司その1:「変な人と、つきあってないじゃん(爆)・・・・・・。まさか、この部署の全員とか・・・・・・。ないよねぇ・・・・・・?。」
私:「あるはずないじゃないですか。花が咲いていて、静かだから気持ちがね、落ち着くから好きな
   んです。」

「あるはずないじゃないですか。」と答えつつ、今年こそ、さようならと人事異動の時期になると願っていることは内緒です。別の部署に行って、やりたい仕事をしてみたいんです。中々、願いは叶えられず。花形と言われる部署に気づけば3年目が過ぎました。部は3つの課があります。直属の上司ではないですが、鎌倉のお菓子を配っていたら聞かれてこの会話となった次第です。鎌倉の別のお店に並ぼうと思いましたが、売り切れでした・・・・・・。

縁切り寺の別名しか出てこない。最近、頭ではわかるのに、目の前にある物とか人とかの名前が出てこないことがあったり。何しに、階段を登っているんだろうか・・・・・・。ようやく階段を登り切り、用事を思い出す今日この頃です。

季節的に、野葡萄は終わっていましたが、まだまだお花が咲いていました。竜胆、ヤツデの花、ヒメツルソバ、菊、千両に万両、木々の紅葉。庭師が別の場所で作業されていました。この寺には、20代前半に母と初めて訪れました。新緑の季節、人はまばらの朝の光景です。アジュガが群生していたのが今も印象に残っています。

鎌倉は、日帰りで訪ねることも可能な場所です。また、訪れることができますように。思い入れが強いのか、まだまだあります。
[PR]
by aipopy | 2016-12-14 05:29 | Voyage | Comments(0)