カテゴリ:Voyage( 49 )

鎌倉ジェットコースター

b0368629_20484780.jpg

b0368629_20491188.jpg

上京した時に信頼してお任せでお願いしている美容室があります。予定のことを話していた時に「明日は天気が崩れるようで・・・・・・。今から無謀かもしれないけれど鎌倉行けるでしょうか?」と。ジョキジョキ切って頂いている最中に質問しました。きっと無謀すぎるな、この人って優しい美容師さんは思ったに違いないでしょう。

「大丈夫。」とのことで、電車のルートを教えて頂いて、一気に軽くなった髪の毛で駅へ向かったのでした。乗り換えなしというのが大助かり。知らない場所で、どうしよどうしよって心配になる私にピッタリ。教えてくださった乗り換えなしの電車で1時間、乗車。北鎌倉へと降りたものの、物凄い混雑。やはり紅葉シーズンの土曜日は混みますね。

写真のデーターを見たら大変。この日、訪れていた方々の顏が鮮明にバッチリ。人物が写っていない写真のみになります・・・・・・。ということで少ない写真となりました。お友達に平日に観光するのがベストとアドバイス頂きました。鎌倉へは今度、ゆっくりと平日に出かけてみたいです。

いざ鎌倉って思ったのに、あまりの人の波。疲れたのでカフェで休みたかったのですが断念。何軒かチェックしていたのですが、物凄く待つとのことでした。また来なさいというメッセージだったのかなあと思います。

タイトルの「鎌倉ジェットコースター」。ジェットコースター後ってフワァっとなりますよね。ハラハラドキドキが半端なく。ジェットコースターに乗っていたようでした。ちなみに、回転するジェットコースターは乗れません。
[PR]
by aipopy | 2016-12-08 05:27 | Voyage | Comments(0)

毘の猫たち

b0368629_14505949.jpg

b0368629_154864.jpg


米沢に到着したのは13時半。まだ餅を食べたばかりでお腹が空いていないので、米沢牛の牛丼にしました。やっぱり、美味しかったなあ。ご飯の量が多すぎて、食べ終わるのに時間がかかりました。お腹がはちきれそうです。小鉢と漬物とお味噌汁もありました。別注文のラフランスジュースも美味しかったです。こちらはスマートフォンのカメラです。

高畠ワイン「貴婦人」を購入したり、ジャムを購入したり。今回は給料日前なので、自粛しました。飲み会も多い月なのでお財布が痛い。辛かった仕事で稼いだお金が消えていく早さ。

米沢へは何度か訪れていますが、城下町なので風情があってよかったです。猫の鳴き声がどこからか聞こえました。若い恋人の二人が、黒猫を撫でていました。どうやらここにいる猫のようですと教えてくださいました。

b0368629_1451304.jpg

よーく見ると若い猫たちが他にも。ぶっち発見。旅先で出会う猫は、ぶっち率が高いんです。ここにいる猫たちは、仲良しのようで何より。鳴き声は、ワイルド。男の子だろうなあ。この日は小春日和で猫たちも過ごしやすかったかなあ。やっぱりルビーは美声です。

「毘」の文字を見ると、生まれながら新潟県民なので贔屓をしちゃいます。15時前に車で出発。2時間半で帰宅してご機嫌斜めのルビーと再会でした。帰りの車中で、キャラメルを食べて悲劇となりました事件がありました・・・・・・。キャラメル事件を起こし禁止令です。
[PR]
by aipopy | 2016-11-20 05:54 | Voyage | Comments(0)

b0368629_14301323.jpg

b0368629_14303176.jpg

b0368629_14305636.jpg

瓜が割れるくらい冷たい清水があるということからの瓜割石庭公園から、仙台へ以前通過する時に見たことがあった神社に寄りました。耳の神様に、あやかったり。だいぶ紅葉していました。もみじは色づき始めたばかりのものも・・・・・・。

b0368629_14343935.jpg

b0368629_14315143.jpg

b0368629_14322446.jpg

高畠石で作られた高畠駅旧駅舎へと向かいます。やっぱりこういう温かい駅舎が好き。今の駅は斬新で冷たい感じがするから・・・・・・。丸ポストも大好き。
花も植えられていました。ナスタチウムにコスモス。

b0368629_14324913.jpg


せっかくだから、米沢牛を食べたいとなり、米沢へ向かいました。その途中に亀岡文殊へ立ち寄りました。これが、意外ときつすぎる参道です。この写真までが難儀でした。金毘羅さんを思いだしました。

米沢までもう少しなのに、お腹が空いた・・・・・・。お土産やさんの前を通ると美味しい匂いがする。櫛には3つの焼き餅が刺さっています。甘い美味しいたれを付けて頂いて食べたら、お腹が膨れる。食い意地がはり3つも食べたので苦しくなる・・・・・・。両親もお腹いっぱいになったらしい。米沢まで食べなければよかったかも・・・・・・。
[PR]
by aipopy | 2016-11-18 19:13 | Voyage | Comments(0)

b0368629_1473519.jpg

b0368629_1475067.jpg

b0368629_148750.jpg

b0368629_1482326.jpg

b0368629_1483572.jpg

b0368629_1485210.jpg

b0368629_149465.jpg

b0368629_1492312.jpg

b0368629_14125761.jpg

私の住んでいる場所からは、山形に行くほうが群馬に行くより近いです。久しぶりに両親と新潟県北の紅葉を見ながら高畠へ車で向かいました。山形への道は紅葉を車窓から見ながらでした。今回は、瓜割石庭公園を訪れるのが、一番の目的でした。大正12年から平成22年まで高畠石を、この場所で掘られていたとのこと。地元の方一人と、私たちしかいない静寂がありました。小さな洞穴のようなトンネルを通り抜け巨大な高さの岩と木に圧倒。振り返ると夏に購入したメンズ雑誌の旅特集写真で拝見した一枚の岩がありました。

存在感が物凄く一眼レフの私のレンズでは全体が写らず。OLYMPUSでギリギリ全体を撮れました。持ち合わせていてよかったです。

草が生える広い場所から撮影しましたが、草がほんのわずかしか撮れていません。広い中庭があるのです。最後の1枚は、赤柴峡の紅葉。11月5日の写真となります。
[PR]
by aipopy | 2016-11-16 05:42 | Voyage | Comments(0)

旅の相棒「VOYA」

一般的名称、ガラガラ・・・・・・。コロコロと呼んでいる友達もいる。私はガラガラと呼んでいる。正式名はキャリーケース?。スーツケース?。いつも重たいボストンバッグを使っている私。シンプルに物を厳選できないからか、万が一のための洋服から道具が多すぎることが原因である。ファスナーいっぱい食べて閉まらなくなったように荷物を膝で圧迫し閉めるのである。旅のしょっぱなからこの現状。

その万が一の想定は、今までの旅の中で何も起こらないという結果である。毎回、今度こそ旅は軽く行くべしと思うのに毎度、寒かったら、暑かったらと妙に心配するために荷物が増えていく。それもこれも心配性の悲しい性格なのだ。

日帰り旅でも潔くカメラは一つでよいのに、万が一を想定しミラーレスも積んでいくことも頻繁である。結果、一つのカメラで足りるというのに・・・・・・。人生がもうじき40年になろうとしているけれど、荷物の重たさでバッグの持ち手が破壊されたことがないのは、運がよかったのかもしれない。

旅慣れている友達は、厳選されているのでコンパクトなのだ。私の旅の日程より長い日程であるというのに・・・・・・。どうやってコンパクトに入っているのだろうか、不思議である。ドラえもんのスモールライトがあるんだろうかとも思ってしまったくらいだった。

荷物が多いのも問題であるのに、旅の荷物の準備段階で体調を崩してしまうことがある。なんと恥ずかしいことに、準備時間段階でアタフタしていたら熱が出てしまい精神的に追い詰められ吐き気も出てくるということがある。旅の前からアタフタするのは、私だけかもしれない・・・・・・。大丈夫か心配になる繊細な性格が災いする。

ここ最近は、旅の準備を2週間前から進めておかねばいけない人間になった。昨年の北の大地への旅は、仕事から帰宅してから最終チェックまですることになった。何やってんだろう・・・・・・。最後に、カメラのシュッシュとするエアで埃を飛ばしレンズまできれいに拭きはじめる始末。前もってしておけばアタフタしないのに。充電器OK、メモリーカードOKと指さし確認を始める。気づけば朝早いのに23時になっている。

旅の栞ではないが、毎度持っていくものリストを旅のスケジュールに合わせてメモを作る。これが、いちいち面倒くさい。旅慣れている人は、急に3泊4日の仕事や旅が決まっても即座に荷物をパッキングできるのであろう。私の中では、そういう人は神である。

さて、年を重ねてきた母が今まで否定してきたガラガラが必要になったと悟った。共同で使えるようにガラガラを購入しに新潟伊勢丹へ出向いた。憧れのリモワはなかった。またリモワをいきなり購入する覚悟もなかった。静かな音、すぐに自分のガラガラとわかるように私と母が一目で選んだガラガラは同じだった。二人が選んだのはACEという旅行鞄のメーカーのProtecAの54Lのこの色に二人して目がいった。好みが同じなのが幸いし購入。EARTH GREENという色である。しかも、デザインが前のデザインということで在庫にしたくないためお得な値段になっていた。ありがたい。

今度こそ、荷物を厳選し身軽に旅を楽しもうと思う。新潟の空港より遥かに広い空港で迷子になってもきっとガラガラのおかげで汗だくにならないであろうと思う。旅を思い切り楽しもう。旅でリフレッシュして新鮮になった気持ちで仕事を頑張ろう。このガラガラを初めて使う際のドキドキは半端ないかもしれない。旅の相棒である。名前はガラガラでは、かわいそうなので後日、名付けようかと思う。

ちなみに、新潟の繁華街をガラガラするのが、痛ましく片手で持ちあげて少し離れたパーキングまで歩いた。母には、他の荷物を頼んだ。大荷物で鍛えられたからか、なんとか大丈夫だった(汗)。写真は実際の色が表現できなかったガラガラ。さて、なんていう名前をつけようか・・・・・・。

そうそう、名前は「VOYA」にしよう(笑)。大好きな言葉「VOYAGE」にちなんだ。発音は「ぼうや」だ。そして今度こそ、迷わずに人様に道を聞かず、ホテルのフロントの方に迎えに来て頂くことをしないようにしたい。てきぱきと旅ができるようになりたいもの。きっと頼もしい相棒になってくれるであろう。
[PR]
by aipopy | 2016-10-10 17:44 | Voyage | Comments(0)

蟹と愛のかくれんぼ

b0368629_6552484.jpg

県北の海をカメラで撮影していました。左下の岩場で左右に動く生き物が視界に見えました。よーく見ると小さな瞳が可愛い蟹王子がいました。

蟹王子も私に気づいてハッとしたのか岩場に隠れては、また少し伺っている様子が愛らしくて。食べられると思ったんだろうか(汗)。

実は下は海で岩と岩に片足を置いて、天橋立のごとく撮っています。けっこう命がけで、海に落ちたら大変でした。これ、波が激しかったら無理。

この場所から最後は動かなかった小さな蟹王子。この後は、やっと立ち去ったと豪快に蟹ステップをしたことでしょう。
[PR]
by aipopy | 2016-09-30 04:45 | Voyage | Comments(0)

b0368629_2110413.jpg

b0368629_21103045.jpg

b0368629_21111296.jpg

b0368629_21113846.jpg

第二土曜の午前は仕事。午後から、気になっていたお店へ。予約せずでしたが、大丈夫でした。休みが半日少なくなる第二土曜は、好きでなくて。やっぱり一生懸命働いたら休みの日は休まないと。出かけたとしても、楽しい時間は心が穏やかに休まる。

土曜日の昼は、まさにそうでした。犬に熱烈歓迎されるのは少ないけれど、看板犬に、ずっとペロペロされました。目が合うとトコトコと会いに来てくれる。こういう、わんこなら好き。実は、犬がちょっと苦手です。

料理も美味しかったですが、デザートが一番美味しかったです。
[PR]
by aipopy | 2016-09-12 04:50 | Voyage | Comments(0)

モネ展へ 長岡

b0368629_9202414.jpg

b0368629_9203845.jpg

b0368629_9205456.jpg

b0368629_9211322.jpg

b0368629_9212569.jpg

b0368629_921408.jpg

自分の分の仮決算が無事修了。安堵です。ほぼ、終わることが確定でしたので山の日に長岡へ行ってきました。車を運転しガソリンや高速を入れると、新幹線で行くのと変わらず・・・・・・。運転するのが行きはいいのですが帰りが疲れる私は、新幹線で長岡へ。

バスに乗り換えて美術館へ。モネ展が、もうすぐで終了だったから慌ててでした。9時に開園するなんて知らず。美術館に到着するとすでに、満車。やっぱり新幹線で正解でした。

美術館前には、一年草の花壇でパレットの絵の具のように・・・・・・。

「印象・日の出」は、どこに・・・・・・って思っていたら、新潟では展示されず。「チュイルリー公園」が京都と新潟では展示とのことでした。常設の絵画を見てから、屋上庭園へ。しばし探検ごっこしました。

間近でモネの色彩、筆を感じました。太鼓橋、柳の木、睡蓮・・・・・・。亡くなる前に、日本からの百合の球根を取り寄せて届いていました。自分は百合咲く庭を見ることができない事を知っていたモネ。モネが取り寄せた日本の百合は・・・・・・。果たして、なんの百合だっただのだろうか。室内に生けるのは匂いが濃厚すぎて苦手です。外で咲く百合は大好きです。百合、大好きなんです。オリエンタル系は華やかで好きですが私は、くるんとなっているタイプの百合に惹かれます。今年は、鹿野子百合がいまいちです。いつの日か、モネが愛したジヴェルニー、そしてフランスへ訪れる日を夢見ています。

b0368629_9235183.jpg

b0368629_9194825.jpg

旅が好きだからか、モネの駅の作品が好き。電車に乗って旅に行きたいな。そしてモネの静物画の表紙の本が素敵で、図録と共に求めました。美食家モネの料理を作ってみたいなあって。まずは、自分が作ることができそうなものからトライしてみることにします。

More カルネさんへ
[PR]
by aipopy | 2016-08-14 09:28 | Voyage | Comments(0)

b0368629_1881399.jpg

b0368629_1883354.jpg

夏の予定はないです。でも旅の本ばかり見ています。男性向けの雑誌と関ジャニが表紙の女性雑誌。母が「セキジャニ」と言ってから私まで「セキジャニ」と言いそうになります。夏の京都、暑いんでしょうね。抹茶の氷室かき氷に、そそられて行ってみたいけれど、覚悟をしないと駄目かも。

左の雑誌は初めて購入。イカ飯に、そそられたのではありません(汗)。イカは好きじゃないです。いかぽっぽ、イカ飯のにおいは、苦手。

雑誌のタイトル買いしました。駅弁買って、電車旅もいいなあって。先日、お世話になっている友達から教えて頂いた雑誌はポチしました。

秋、どこかに行けるかな。来年のことを考えます。3月の3連休なら休みが取れます。2月は決算で休み返上になりそう。ちょっと行ってみたい場所に行ってみようかなって。電車やバスで行けそうです。ただし、候補地で迷っているのです。Aにしようか、Bにしようか・・・・・・って。

どちらにしようかな 神様のいうとおり ぴぴちょのぴ 赤豆 黒豆 金の豆(笑)。
[PR]
by aipopy | 2016-07-18 18:08 | Voyage | Comments(0)

b0368629_925233.jpg

b0368629_9251878.jpg

b0368629_9253287.jpg

b0368629_925498.jpg

b0368629_926112.jpg

暑い6月の日でした。母が、村山さんの作陶展に行きたいというので、新発田の日本酒を製造販売している金升酒造さんへ。定期的に、催し物を行われているようです。この日は、車なのでノンアルコールの振る舞い甘酒を頂きました。

美味しかったのですが、非売品。最近、ビール、ワイン、日本酒と羽目を外さない程度なら大丈夫だったので、楽しい時には頂いてみよう。料理とお酒を楽しんだり。いろんな発見がありそうです。

中野牧場のジェラート、美味でした。後味がさっぱりで、食べ終えた後に喉が渇かないアイスが個人的に好きです。こちらのお店の、越後の枝豆ジェラートも好き。ぶらりと、食べに菅谷のカフェにドライブ。美人になれる温泉に寄ってきたい。

さて、選挙ですね。清き1票を投じてきます。昨日、がちんこ勝負をしたので、見事に筋肉痛です。変化球の予想つかない展開に、笑いが起きるのは、なぜ・・・・・・。そしてストライク無理だと思ったのに、ミラクルで倒れる神展開。勢いあまりズッコケて滑って転倒する始末。いつも思う、浮き沈みが激しいゲームでした。楽しかった。
[PR]
by aipopy | 2016-07-10 09:27 | Voyage | Comments(0)