料理はシンプル

b0368629_20293940.jpg

b0368629_20295417.jpg

b0368629_2030880.jpg

b0368629_20302450.jpg

b0368629_20304812.jpg

階段を登っている時に、思い出しました。真夏の出勤途中に、デザインに惚れて購入していたビールがあるっていうこと。ガンガンに冷えていたビール。フルーティーなパンチがします。ほわっと気分上昇しながら氷室さんの曲を聴きながら、昼料理を作りました。おっとりの私もちょっとスピードアップできます。最近、自分の中でですが、シンプルながら美味しかったなあと思います。具だけでも、トーストに挟んだり、ピザ生地に散らしたり、油揚げの上に乗せてチーズを散らしてピザ風にもなります。

「キャベツとシラス干しのシンプルパスタ」
材料 1人前
塩多めで茹でたパスタ 60g
冬キャベツ 炒めると量が減るので、多めに炒める
ブロッコリー 少し固めに茹でておいたものを少量
シラス干し 多め
にんにく
アンチョビペースト 少量
バジルペースト入りの柚子こしょうペースト 小さじ1
塩 少々
黒胡椒 少々
オリーブオイル 少量

こんな感じです。茹で野菜はあらかじめ、茹でて用意。ニンニクを炒めて、キャベツを炒めていきシラスを加えアンチョビ、バジル入り柚子胡椒を加えていきます。茹で時間より1分早めに茹で上げたパスタ、少量のゆで汁を入れて炒めてブロッコリーを加えたら味をととのえます。

オリーブオイルは、多めに加えればパスタにコクが出ますが、私は控えめに。ブロッコリーは、自家製野菜です。旬の食材を庭の隅っこから収穫してきましたが、柔らかいし、すぐに火が通るし味が濃くて美味しいです。

パスタの量は少なめにしたのは、後ほど理由がわかります。昼間から飲むビールが美味しくて。料理と頂くビール最高って思いました。

人生で、ようやくお酒が美味しいかもしれないと思えたのは、ここ最近です。最近、自分で料理をしたらお皿も自分の好きなお皿で食べたいと思い購入しました。小鹿田の窯元に飛んでいきたいですが、大分は遠いですね。

素朴ながら、この作家さんは、斬新なデザインが多い印象があります。何を料理してみようかなあと空き時間に考えることが多くなりました。

具が乗っているトースト・・・・・・(笑)。こちらを食べたいがために、パスタを減らしました。私の好みの焼き色は、この色。母からはブーイングの嵐が多いですが、これくらいに焼き色をつけたのが好きです。餡子を挟んで食べるのも好き。

やっぱり、シンプルな料理しか作ることができないです・・・・・・。カメラで撮っている時に気づけよって今、気づきました。パスタが、髪の毛の寝癖のようにはねてます(汗)。そして、ビールって撮るのに格闘していたら、泡が消えている。ビール写真、難しいです。
[PR]
by aipopy | 2016-12-28 20:30 | 料理はさ・し・す・せ・そ | Comments(0)

晩秋のLucy Grayにて

b0368629_9305562.jpg

b0368629_931927.jpg

b0368629_9312422.jpg

b0368629_9313755.jpg

b0368629_9315099.jpg

b0368629_932887.jpg

b0368629_9322587.jpg

b0368629_9323965.jpg

b0368629_9325458.jpg

b0368629_9331078.jpg

初冬の始まりのような日曜日の朝、電車に乗って憧れのお店へ。自分で運転しなくていいので、電車は楽です。都会の電車に慣れていないので、お友達に教えて頂いて感謝しています。

初めて通る景色を見ながら最寄り駅へ。本当に、こっちでいいのかなあって他のお店の人に「図書館は、この道で大丈夫ですか?」と聞いて教えて頂いて、無事たどり着きました。土地勘力のなさに自分でも情けなくなったところです。

そろっと園芸作業を進めないと、雪降ったらアウトと思い始めた11月中旬。すでに、時は遅いのですが・・・・・・。庭や鉢に植える苗を用意していない。

お店に伺うと、素敵なビオラに出会えたり、欲しかったサルビア・ライムライトを見つけたり。ライトバイオレットのデージーに出会えたり。どの苗も新鮮で、お手入れがしっかりとされています。

お迎えした苗の皆さんは、越後の環境にも慣れてきたようです。もっと、おしゃれに植えることができたらいいのになあって思いました。晴れたら、写真を撮りたいな。

優しい笑顔と明るい御夫妻に出会えてパワー頂きました。そして大好きなSさんに偶然にお会いできて・・・・・・。びっくりです。元気そうで何よりでした。この日、訪れて幸せだなあと思う日曜日となり、感謝しております。また、お二人にお会いできますように。お店に、伺えることができますように♫。どこでもドア欲しくなりますね。

室内の売り場で、ルビーを小さくしたような猫の小さ目のオブジェに出会えました。庭のどこに置こうかな・・・・・・。最近、好きなグラスの場所に置こうかなあ。ここずっと、週一で庭を楽しむスタイルになりました。無理しないで、自分の身の丈にあった庭作りをコツコツとを合言葉にして頑張っていけたらと思います。

しかーし、まだ球根の植え付けが終わっていない私・・・・・・。間に合うのか。ストーブの前から動けなくなっていると言うのに・・・・・・。もうしばらくすれば春はすぐそこです。

どの植栽も素敵なお庭。三輪車が可愛くて。葉牡丹とビオラの植栽の1枚をTOPにしました。小さい時に乗っていた三輪車を思い出してしまい懐かしくなりました。この植栽も自然で好きです。
[PR]
by aipopy | 2016-12-24 18:10 | Voyage | Comments(0)

穏やかな時間

b0368629_819275.jpg

b0368629_8193637.jpg

b0368629_824497.jpg

クリスマスカラーのお花をと思って、比較的近い直売所に出かけました。薔薇もガーベラもなく、赤い実もなく、ほぼ仏花となっていまして・・・・・・。売り場で、ゆういつあったストックを求めました。住んでいる場所は、切花生産農家がいらっしゃいますが、アレンジメントなどで出回ったのでしょうか・・・・・・。

ゆういつあった、ローズカラーのストックを抱えて店を後にしました。最近、嬉しいことがあった時に灯しているkanameさんのキャンドル。頂いた時は、30秒のみ灯していました。

「灯さない蝋燭は、ありえない。」と母に、グチグチ言われていました。30秒がいつしか1分、3分、5分、10分、30分と新記録のように・・・・・・。灯す瞬間、ドキドキ。灯してからも、温かく優しく穏やかな気持ちになります。

リビングでは、ルビーがいてチョイチョイします。危険なので、ルビーが悪戯をしない場所にて灯しました。大好きな花器に生けたストックと、キャンドルのみ。

この冬も乗り越えていかなくては・・・・・・。ピンクやローズカラーを見て決意したのでした。
[PR]
by aipopy | 2016-12-24 08:24 | 綴ること | Comments(0)

b0368629_820258.jpg

初めての場所は、かなり不安になります。お友達のブログでお店の名前を存じていたものの土地勘がありません。日暮れの時間帯になると心細くなります。駅から1分とのこと。1分が恐ろしいことになることを経験しているので、怖いんです。鎌倉から最寄り駅に、想像以上に早く着きました。迷ったら大変と、地図を見ながら予行練習でお店まで向かいます。予行練習をしている人って私だけかもしれない・・・・・・。心配性すぎるのも、よくないことです。

そしたら、意外と難易度が低く大丈夫でした。再び、暖かい駅ビルに戻り・・・・・・。まだ約束の時間まで、かなりありまして・・・・・・。道草をしちゃいました。貯金箱を買おうか迷い・・・・・・。母が好きなスターウォーズのあの子がいる。でも、こんな買い物をしていたら大変。母よ許せでした。

新潟にもあるだろうと思いましたが、未だあの子を発見できていません。地方には1年後に到着するだろうと思っています。今度は、本番でお店へ。でも、誰もいない・・・・・・。そこらに隠れていて驚かそうと思っているんじゃないかと思ったくらい。いつもお世話になりまくっているAさんに発見して頂きお店へ。

初めてお知り合いになったKさん&Mさん。そして、いつも頼りにしているBさんとTさんと6人での、楽しい時間となりました。話には聞いていたけれど、お店のシェフのお兄さんが気になって仕方ない。一人でお店を切り盛りしているのです。私やお友達の他にもお客さんがいらっしゃるのに、手際よく一人でお仕事をされていらっしゃる。あまりにも凄いので助っ人の小人がいるんじゃないかとか、双子の人がもう一人いらっしゃるんじゃないかと思っていました。

どの料理も美味しくて。一番、私でも真似できそうなのが、柿とクリームチーズと生ハムの料理です。来年、新潟が誇る「おけさ柿」に新潟のクリームチーズで生ハムも越後のお店で調達できたら越後材料で作ってみたい料理となりました。柿は、私は固めが好き。クリームチーズも佐渡のチーズを取り寄せてみようかなあって、気持ちは来秋に。

今回、自力で宿泊先まで帰らないといけないので、お酒を飲みませんでした。お酒と、パセリさんの料理を頂いたら、また料理の味の印象が違うかもしれません。今度は、隣のホテルで宿泊をすれば、アルコールと料理を楽しめそうです。

帰りは、事件1と事件2を・・・・・・。しでかしてしまいました。素敵な方々を御紹介して頂いた御縁を大切にと思います。お友達から、パワーをいっぱい頂いたので仕事を頑張ろう。

パセリさんの黒板のメニューで気になったのが・・・・・・。鶏の悪魔風何とかというメニュー。正式料理名を忘れちゃいました。気になっているので、今度お店に伺った際に楽しみたいと思います。新潟にも、パセリさんのようなお店があったらいいなあ・・・・・・。

写真は、ブレブレの1枚(汗)。料理の写真は、難易度が高いです。
[PR]
by aipopy | 2016-12-23 08:20 | Voyage | Comments(0)

大好きな鎌倉の寺へ 2

b0368629_83069.jpg

b0368629_8303288.jpg

b0368629_83045100.jpg

b0368629_830591.jpg

b0368629_8311564.jpg

b0368629_8332457.jpg

b0368629_8314739.jpg

b0368629_832144.jpg


先回の続きです。赤い菊が出迎えてくれて、今年も来たんだなあって思いました。人も多かったですが、東慶寺は静かだったので、落ち着いて見学できました。東慶寺を後にして、ここから人の波に流され、鎌倉駅まで歩いていました(汗)。

両親にかさばらないお土産をと思っていたので、鎌倉彫のお店へ。縁起の良い、鶴と亀の箸を購入。豊島屋の本店では、職場の人に鳩サブレを。違うお菓子をと思ったのですが、ものすごく並ばないといけなくて断念。今度、平日に来たら購入できたらいいなあって思っています。

足がパンパンになったのと、寒いので休もうとチェックしていたお店を尋ねると、1時間待ちで諦めました。地元のスーパーの2階に喫茶店があったのを見つけて足を運ぶと10分待たされて、体を休めました。待つ時間に、スーパーに並ぶ品物を見ていると、物価の違いがわかったり。このスーパーの雰囲気は好きだなあと思ったり。

オーソドックスなダージリンティーが、美味しく。砂糖は普段いれないのですが少し加えました。体が温まり、東京へと向かいました。デザートは夜のために我慢でした。
[PR]
by aipopy | 2016-12-17 08:32 | Voyage | Comments(2)

大好きな鎌倉の寺へ 1

b0368629_1059492.jpg

b0368629_110664.jpg

b0368629_1102057.jpg

b0368629_1103455.jpg

b0368629_1104887.jpg

b0368629_111546.jpg

b0368629_1111856.jpg


上司その1:「鳩サブレじゃん。いつ鎌倉行ってきたの?。どこ行ったの?」
私:「縁切り寺です・・・・・・。」
上司その1:「変な人と、つきあってないじゃん(爆)・・・・・・。まさか、この部署の全員とか・・・・・・。ないよねぇ・・・・・・?。」
私:「あるはずないじゃないですか。花が咲いていて、静かだから気持ちがね、落ち着くから好きな
   んです。」

「あるはずないじゃないですか。」と答えつつ、今年こそ、さようならと人事異動の時期になると願っていることは内緒です。別の部署に行って、やりたい仕事をしてみたいんです。中々、願いは叶えられず。花形と言われる部署に気づけば3年目が過ぎました。部は3つの課があります。直属の上司ではないですが、鎌倉のお菓子を配っていたら聞かれてこの会話となった次第です。鎌倉の別のお店に並ぼうと思いましたが、売り切れでした・・・・・・。

縁切り寺の別名しか出てこない。最近、頭ではわかるのに、目の前にある物とか人とかの名前が出てこないことがあったり。何しに、階段を登っているんだろうか・・・・・・。ようやく階段を登り切り、用事を思い出す今日この頃です。

季節的に、野葡萄は終わっていましたが、まだまだお花が咲いていました。竜胆、ヤツデの花、ヒメツルソバ、菊、千両に万両、木々の紅葉。庭師が別の場所で作業されていました。この寺には、20代前半に母と初めて訪れました。新緑の季節、人はまばらの朝の光景です。アジュガが群生していたのが今も印象に残っています。

鎌倉は、日帰りで訪ねることも可能な場所です。また、訪れることができますように。思い入れが強いのか、まだまだあります。
[PR]
by aipopy | 2016-12-14 05:29 | Voyage | Comments(0)

鎌倉もみじ

b0368629_9292513.jpg

鎌倉の続きです。この日は、晴れていましたが空気が冷えていました。まだまだ色づかない紅葉も、美しく・・・・・・。この場所で、カメラを撮った後にも、しばらく佇んでいました。光を浴びて、この色がきれいだったのです。

b0368629_929441.jpg

落葉した紅葉にも、いいなあと思ったり。この後、大好きな縁切り寺へと赴きました。この日は、ずっとレッスンを受けてみたかったF先生も写真教室を行われていたのですが、集合時間に間に合わないので参加できませんでした。

きっと先生ならではの、鎌倉を巡ることができたのだろうなあって思っています。今度、また開催されたら参加して、旅フォトを学べたらいいなあって思っています。

それから、こちらの寺院を後にして、花のお寺へと歩きだしました。

More くじ運最強かも・・・・・・。
[PR]
by aipopy | 2016-12-11 09:30 | Voyage | Comments(0)

鎌倉ジェットコースター

b0368629_20484780.jpg

b0368629_20491188.jpg

上京した時に信頼してお任せでお願いしている美容室があります。予定のことを話していた時に「明日は天気が崩れるようで・・・・・・。今から無謀かもしれないけれど鎌倉行けるでしょうか?」と。ジョキジョキ切って頂いている最中に質問しました。きっと無謀すぎるな、この人って優しい美容師さんは思ったに違いないでしょう。

「大丈夫。」とのことで、電車のルートを教えて頂いて、一気に軽くなった髪の毛で駅へ向かったのでした。乗り換えなしというのが大助かり。知らない場所で、どうしよどうしよって心配になる私にピッタリ。教えてくださった乗り換えなしの電車で1時間、乗車。北鎌倉へと降りたものの、物凄い混雑。やはり紅葉シーズンの土曜日は混みますね。

写真のデーターを見たら大変。この日、訪れていた方々の顏が鮮明にバッチリ。人物が写っていない写真のみになります・・・・・・。ということで少ない写真となりました。お友達に平日に観光するのがベストとアドバイス頂きました。鎌倉へは今度、ゆっくりと平日に出かけてみたいです。

いざ鎌倉って思ったのに、あまりの人の波。疲れたのでカフェで休みたかったのですが断念。何軒かチェックしていたのですが、物凄く待つとのことでした。また来なさいというメッセージだったのかなあと思います。

タイトルの「鎌倉ジェットコースター」。ジェットコースター後ってフワァっとなりますよね。ハラハラドキドキが半端なく。ジェットコースターに乗っていたようでした。ちなみに、回転するジェットコースターは乗れません。
[PR]
by aipopy | 2016-12-08 05:27 | Voyage | Comments(0)

b0368629_11373463.jpg

b0368629_11374798.jpg

b0368629_1140163.jpg

b0368629_1138087.jpg

b0368629_1138166.jpg

野菜コンテナで育つ元気モリモリなビーツの葉を見て「そろそろ収穫適齢期突入。」と呟きました。9月に種まきすると、11月~12月に収穫期と説明には記載。ボルシチを作ってみたくて育ててきました。葉も立派になり試し採りしなくちゃ・・・・・・。ビーツ、ビーツ、私のボルシチっていう歌まで歌いながら、引っこ抜きました。

「やばい。これは、大失敗じゃ・・・・・・。いちよう、農に関連のある仕事に携わっているのに・・・・・・。」タネの袋の写真のように丸にならず、寸胴のオチビさんです。「何、これ。」と母には、呆れられてしまうし。肥料も種を蒔く時期も守っていたのに・・・・・・。コンテナだから?とも頭をよぎりました。謎です。

「自分はブラックじゃない。」と心の中では思っていました。やっぱりブラックなんですかね・・・・・・。ブロッコリーは上手に栽培できている気がします。プロの農家さんには足元もおよびませんが・・・・・・。

小さいけれど調理するかと台所に立ちました。3人分のボルシチはさすがに量的に無理です。お代わりなしなしのビーツスープにしました。ビーツ、人参、玉ねぎとシンプルな野菜、塩、こしょうと、コンソメ味にしました。トマトは入っていません。ビーツの色のみです。こうして見ると、ジャガイモやブロッコリーを入れてもよかったかな。いたってシンプルではありますが、おいしくできあがりました。

ビーツは栄養的に優れているとのこと。葉も料理に使えるので、夕食に料理をしましょう。残りの二株は、いつ収穫したらいいのかなあと頭をよぎります。春になれば、真ん丸ビーツに育つのでしょうか。大いに謎のまま越冬です。

ビーツの苗は、茎や葉の葉脈が美しいので、観賞用にもいいかも。今度は、地植えにして実験です。
サワークリームを乗せればよかったのかな。私的には、要らない気がしますが、いろんなレシピを調べてみました。ほぼ、サワークリームを乗せていました。意外と合うのかなあ・・・・・・。
[PR]
by aipopy | 2016-12-05 05:01 | 庭の植物 | Comments(0)

大好きなビオラ

b0368629_14293785.jpg

b0368629_14301781.jpg

b0368629_14304110.jpg

b0368629_14305823.jpg

b0368629_1449929.jpg

素敵なお花でしょう?。長い旅をして我が家へ。届いたその日に嬉しく撮影しました。なかなか、私の腕では実際の繊細な色合いが表現できません。

パンジー、ビオラは子供の時に母が育てていたので身近な植物でした。幼稚園の時に、カタログで見た時のインパクトが強かった「うず潮」。

当時は、ブロッチの入ったパンジーが、生まれ育っている場所では多かったと覚えています。母は、通販で種を取り寄せたり、苗は昔から野菜や生活用品を販売する地元の市場で出店するお店に行って買い物をしていました。それから、小学になって園芸店が少し遠くですがOPEN。家で育つトックリランは、もう30歳になりました。花を育てるのが大好きになったのは、母の影響が強いです。

この花々は、花色が物凄く繊細。絵の具をにじませたようなグラデーションが美しく。青いベインのビオラは私が大好きな色。微妙な色合いが誕生する時代となりました。だいぶ進化しています。固定種ではない、自然交配で誕生したお花。世界に一つのお花。雰囲気は似ていても、表情が違います。初冬を感じさせる晩秋に訪れた憧れのお店で出会いました。素敵なお花に出会えて嬉しい思いでいっぱいです。

冬の寒さにあたった色から暖かくなるにつれて、どんな色へと変化しますでしょうか。

仲良く咲いているお花を見つけると、優しく温かいオーナー御夫妻を思い出しました。御夫妻は、仲がとってもよくて、ほほえましくなります。さりげない言葉から、温かくお互いを思う気持ち。お話しできて、とっても素敵な御夫婦だなあって思いました。

気になったお花から自然交配になりますが、私も種を採取してみようと思います。アドバイス頂いたので、その頃に。どんなお花が誕生するでしょうか。今から楽しみが増えました。
感謝をこめて。
[PR]
by aipopy | 2016-12-03 04:18 | 綴ること | Comments(0)