夏の終わり、秋の始まり

b0368629_948765.jpg

この夏の休日は、ほとんど家に籠っていた。昨日は、面接をした時からお世話になりまくっている上司の奥様の通夜だった。いつも上司は寡黙な人だが、飲み会の時になるとビール1杯で酔いが回り、楽しい人になる。そして奥様のことを語る。猫が奥さんにだけ懐くんだって話してくださったエピソードや、「かあちゃんは、凄く優しくて良い人なんだ。」と絶対に奥様の悪口を言わなかった。

私は親戚が少ないため、葬式と無縁のような生活だった。最新の通夜に驚いた。遺影がデジタルなのだ。遺影は1枚じゃないんだ・・・・・・。時代の波についていけない自分がいた。向日葵畑を背景に奥様は最高の笑顔の1枚だった。その写真から、奥様の人柄が伝わってくる。リースの請求書にあった物件が、これなのかと納得し高いリース料だったと思ったんだった。

遺影のデジタル化で、生前の奥様と家族の写真が20枚くらい上映される。どの1枚も、みんな笑顔の1枚だった。あまりにも早い突然の死。持病があったため覚悟していたこともあったと思うが、上司が涙ぐんでいて、私も先輩も涙が出てきた。お会いしたこともなかった奥様だが、かれこれ4年の歳月に話を聞いていたから思い出すと涙が出てしまった。今までは飲み会の時に、帰りの電車に乗せ、陽気に酔っぱらう上司を最寄り駅で起こす役目。自分が、しっかりしないといけない重要な役目。

最寄り駅に、奥様が迎えに来てくださっていたのだ。これからは、自分が車の時は、送り届けますと誓って会場を後にした。

仮決算と、業務の畑の作業、仕事を離れた日々のこと。この夏は、目まぐるしかった。とにかく夏の疲れが一気に出てきた。出かけるパワーがない。夏の休日に出かけたのは、車の6か月点検と、日々の生活に必要な買い物だけ・・・・・・。

家事や庭作業、断捨離、昼寝、そして読書が夏の休みの日のスケジュールとなった。どの本にも、様々な人生があって、共感したり、こういう考えがあるのかと考えたり。私と同じだと思って時折、笑ったり、ほっとしたり、この登場人物・・・・・・許せないと思って怒ったり。小説の話と実際の日々のことがリンクしたりする。

家と職場の往復でお金を使わない。繁華街のオフィス街だと誘惑があり、お金をついつい無駄遣いするとは友の話。普段のお小遣いは、本当に少ない金額で十分に生きていける。コンビニとスーパーと書店のみしか往復の県道にはない。ブティックもなければ、おしゃれな雑貨屋もない。ゆういつ楽しみにしている書店で、気になる本を購入していた。ついこの間、本をポチっしようとしたら、注文できないと表示。

最近CDもそう。時間が少し経つと購入できなくなってしまう。だから、購入できなくなる前に気になる本を何冊も抱えレジに行く・・・・・・。

夏に読んだ本
「ふるあめりかに袖はぬらさじ」有吉 佐和子
「世界中で迷子になって」 角田 光代
「彼女に関する十二章」中島 京子
「あの家に暮らす四人の女」三浦しをん

そして今日から、湊かなえの「山女」を読み始める。今日の予定では、藤田嗣治の展覧会に行く予定だったが、絵画を見る気分になれない。戦国時代の激しい時代が好きな私が楽しみにしている「関ケ原」も来週にスケジュールを変更した。

「山女」では、どんな人生が待っているんだろうか・・・・・・。楽しみである。そして、私の今年の夏が終わりを告げようとしている。夜の静けさの中の蟋蟀の鳴き声、稲穂の波。秋の始まり。刻々と時が流れていく。
[PR]
by aipopy | 2017-08-27 09:48 | 綴ること | Comments(0)

ルビーの近況

b0368629_9165435.jpg

b0368629_9171161.jpg

b0368629_917263.jpg

ブランケットキャッツというドラマがありました。放送していた時は、夜は疲れて早く寝ていたので、録画しておいたものを、ようやく昨日から母と見ている。妻を亡くした主人公が妻が生活を共にして可愛がっていた猫の面倒を見ることになり、里親を探しているものの注文が多く猫を欲しいといって訪ねてくる人たちとの日常を織りなすドラマ。

ドラマを見て笑ったり、せつなかったり、頑固だと思ったり・・・・・・。友好の印尻尾ぽーんの猫たちがどの子も愛らしい。個人的に、チャイが好み。雰囲気は全く違うが、性格的にルビーと似ているところに感情移入をしたと思う・・・・・・。

築37年になると、きれいにしていても隙間からゴキブリが侵入してくる。網戸の狭い隙間から侵入してきたのを見た時は、絶句。駆除しようとした矢先に、ゴキブリをドリブルで遊びだしたルビーにも絶句。

ティッシュを3重にして触感は感じるが、ゴキブリめがけて瞬発で捕まえる自分にも恐怖を隠しきれない。ガムテープでぐるぐる巻きにしてビニール袋に入れて頑丈に閉めてまでを平然としてしまう歴史の流れをふと感じた。

19歳の夏に高崎の暑い部屋の中で、初めてゴキブリを見た時は泣きながら掃除機で吸い取った日のことを思いだした。

さてさて、9月に14歳になるルビーの近況。もっぱらを押入れで寝て過ごし、押入れの匂いがする。本人は気に行っているので、どかすことができない。

毎度、所帯じみた生活感漂う部屋での撮影となっている。起きていたので、撮影。写真家の植田さんの愛猫ライカのように気品ある1枚をいつか撮影してみたいが、どうやらルビーには無理らしい。猫じゃらしとラバーブラシと13年目にして、段ボールの爪とぎを気に入りだしたらしい(汗)。子猫時代に遊んできたボールは、どこかに転がっているかな。気が向くと、ドリブルします。

昨日の手で瞳を覆ってわずかな隙間から見ていた「ほんとうにあった怖い話」を観たのだけれど、夜中に思いだして怖くなってトイレに行った時も洗面所のミラーを直視できず、ふと振り返るのも抵抗あり・・・・・・。見なければいいのに、子供のように見てしまう・・・・・・。昼寝して休もうと思います。

秋風が感じられてきて、ちょびっと散歩を始めました。
[PR]
by aipopy | 2017-08-20 05:02 | ねこ | Comments(0)

終わりなき人生の旅

b0368629_828243.jpg

b0368629_8283923.jpg

今年の7月という月ほど、家族をテーマとした作品に触れることが多かったと思います。家族って、なんだろうって子供時代から思っていたテーマでした。家族というのは、幸せな存在ばかりでなく、様々な試練があったり、複雑な思いが交差しています。家族だから全部知っているわけではなくて、自分が知らない部分も存在する。

誰もみな、触れてもらいたくない思いを抱えていたり、秘密があったりするのではないか・・・・・・。穏やかで平凡な人生なんてないんじゃないか・・・・・・。

私自身を振り返ると、平坦な山あり、険しい山や延々と続くつづら折りのような道があったりと思います。

先日、3つの選択を選ばないといけなくて選びました。辛くても現状維持、少し修復し今よりよい状態、閉鎖し新たに機能を作る・・・・・・。どれが正しくてどれが間違いという選択ではないです。遅かれ早かれ、最終的には3つめの選択の人生になります。今は、休んでいられないので修復し今よりよい状態にしたいを選択することを決めました。

自分という存在が無くなってしまう時に、後悔ばかりの人生でいるか、それとも必死で生きてきた自分を頑張ったなと思うか・・・・・・。失敗しても、どん底でも一生懸命に生きていきたい。自分の生き方を、見つめなおしていく機会になった7月。いつも心に響く映画を上映してくださる小さな映画館、舞台の世界を教えてくださり、人生の先輩でもある友達に感謝をしています。

映画「未来よ こんにちわ」人様から見たら何不自由なく暮らしていた人生が、突如として崩れてしまう家族。夫に突如、好きな人ができたから別れてほしいと言われる。一人暮らしをして、パニックになると携帯に電話をかけてSOSを訴える母親の介護も乗り越えていく。主人公も母が遺した黒猫のパンドラも新しい道にたどり着く。突如、嵐のような人生となった主人公が前へ進んで生きていく希望を感じたフランス映画です。共感することも多かった映画で、景色が美しかったです。また、主人公の着こなし方もシンプルでいながら素敵でした。黒猫が美しい。黒猫も、家猫から外へ冒険に出かけ野生の本能を思い出し成長をしていきます。

More
[PR]
by aipopy | 2017-08-19 05:12 | 綴ること | Comments(0)

オーダーすること

b0368629_9403166.jpg

朝から暑い7月の日曜日。帆布バッグの作家さんを訪ねること。以前から、新潟のギャラリーから展示会のDMが届いていて気になっていたスマスコーゲンさん。会期が合わなくて、ブログを拝見していたらデパートの期間限定スペースにてオーダーができるとのこと。軽井沢の重すぎる荷物を反省し(軽井沢ではなく何処でもですが・・・・・・。)自分サイズのバッグをオーダーしたのです。

一眼レフ、ペットボトル、折り畳み傘、長財布、ポーチ、文庫本やガイドブック、スマートフォンが入りカーディガンが入れられるもの。A4サイズが楽に収納でき、マチが大きく内側に二つボタンをつけてもらい閉めることができるように・・・・・・。裏側は薄い物や旅先での入場券などを収納できるポケットもつけて頂きました。そして持ち手は汚れやすいのでオプションの持ち手カバーもオーダーです。

カラーは私の大好きな色でチョイス。内側は物が見つけやすいベージュ。けっこう注文が多い我儘な私に親身に対応してくださり、アドバイスくださったスマスコーゲンさんに感謝です。大切に使います。
[PR]
by aipopy | 2017-08-12 05:05 | 綴ること | Comments(4)