Deuil de Paul Fontain
b0368629_18124147.jpg


Cardinal de Richelieu
b0368629_1813127.jpg


Bella Donna
b0368629_18131334.jpg


Snow Goose
b0368629_18133041.jpg


今日は、かなり気温が上がりました。お友達の所は、もっともっと暑いはず。みんな、熱中症にならないようにって思っていた日曜日。私は、早朝と夕方の涼しい風が吹いてきてから庭へ。

Deuil de Paul Fontainは、田んぼからの暴風で、葉がチリチリに。思い入れのあるモスローズ。横浜イングリッシュガーデンで見た薔薇は樹だなあって思うほどカッコいいモスローズでした。

明日から仕事。平日の朝という限られた時間だけ楽しむことができる薔薇。咲くのが楽しみです。今年からSnow Gooseは、オベリスク仕立てにしました。少しずつ庭も、ちいちゃな小道を作ってみたけれど生育が良すぎる植物の箇所は、小道がふさがりました。少しずつ、修正しないと駄目なんだなあ。

b0368629_1814241.jpg

いきなり、あっという間に満開だった白いオンファロデス。Aさんから頂いた。毎年こぼれ種で咲く。一気に植物が咲き出した。光が強い場所だけれど、真夏もお辞儀したらたっぷりのお水だけ。みんな強くなった。

b0368629_1814153.jpg

リベンジしたリムナンテス。白に黄色の目玉焼きです。種を直播にしました。青い花は、勿忘草ブルームッツ。こちらも直播です。直播で生育するので、とても頼もしいです。

b0368629_18143791.jpg

シラー・ベルビアナ。光が強く浴びるところは、大き目で咲いています。この子、大好きな植物です。大好きな星形の花。

b0368629_1816266.jpg

別の場所から移植して3年目で、ようやく蕾をつけました。大好きなミツバシモツケ。ホタルブクロと咲く姿が好きなのですが、ホタルブクロは宿根しませんでした。

明日から、仕事です。嬉しいことを考えながら、日々しんどいことを乗り越えて頑張る。
[PR]
# by aipopy | 2016-05-15 18:17 | 庭の植物 | Comments(0)

b0368629_21213556.jpg

b0368629_21225596.jpg

片づけても片づけても、仕事が減らない。しかも机の上が山になり、なだれ込む(涙)。やっぱり、家庭に向かない人間なんだなあと、先輩の机の上と比較し落ち込む。リフトの税金が今月末に、いっぱいなんだけれど、間に合うのか不安です。

毎日、泣きたいくらいだ。そんな気持ちでいっぱいだけれど、ヘラオオバコの佇まいが好きだ。ぺんぺん草だと言われようが、トトロの通り道で咲いていたあの風景に憧れた。大好きなヘスペリスと咲かせてみると、ぺんぺん草には見えないと思う。

もうじき茶の椅子付近には、赤いバラが咲きだす。

気づけば、ストール巻いていたのに首が思い切り赤くなっている。やだなあ。明日は、昼間で仕事。
[PR]
# by aipopy | 2016-05-13 21:23 | 庭の植物 | Comments(0)

花の寺 普済寺へ 6

b0368629_17373344.jpg

b0368629_1738114.jpg

b0368629_17382247.jpg


梵ちゃん、また会おうね。今度は、猫たちにも会いたいから伝えてねと念力を送った。

この子は、ラナンキュラス?と思ったけれど、どうやら山野草らしい。名前を調べたいな。

黄色い藤が咲き出しそうです。キングサリなのかな。背景は、樹木の奥に田んぼが広がって見えますが、ぼかしちゃいました。

普済寺の写真に、おつきあい頂きありがとうございました。
[PR]
# by aipopy | 2016-05-13 05:04 | Voyage | Comments(0)

花の寺 普済寺へ 5

b0368629_1735367.jpg

白い菫が、そよそよと咲いていた。菫が大好きな私。嬉しい散策時間だった。

b0368629_17355786.jpg

この子は、誰?。かよわく、ひっそりと咲いている姿が印象に残った。
[PR]
# by aipopy | 2016-05-12 05:18 | Voyage | Comments(0)

花の寺へ 普済寺4

b0368629_17301840.jpg

b0368629_17303594.jpg


うつむいてばかりで生きていけないよね。上を向いて昨日よりは、できるようにならないと。でも、花はうつむき加減の子に惹かれる。
[PR]
# by aipopy | 2016-05-11 05:31 | Voyage | Comments(0)