花の寺へ 普済寺 2

b0368629_17181192.jpg

b0368629_17184611.jpg

b0368629_1719513.jpg


高台から下る途中にあった池。映り込みが好きなんだけれど、ピントが樹木の葉に合っていると思う。

ホウチャクソウを初めて見た。山野草は優しい・・・。

これは、なんの花木なんだろう。白い花が、スポットライトを浴びるかのよう。午後の輝く光の中で咲いていました。
[PR]
# by aipopy | 2016-05-09 05:22 | Voyage | Comments(0)

花の寺へ 普済寺 1

b0368629_17135611.jpg

b0368629_17144552.jpg

b0368629_17152297.jpg

山野草や樹木が美しい普済寺へ。体力温存するために一歩も出ないと思っていたけれど、乗せてもらい高速で村上まで出かけました。自分で運転しないのは楽。

境内には、猫が5匹いるようなのですが、みんな散歩か昼寝のようで会えず。そうしたら、梵ちゃんが出てきてくれました。おとなしくて、撫でることができました。どうやら池にはサンショウウオもいるらしいです。

5日に渡って、予約投稿にてUP予定です。おつきあい頂けたら嬉しいです。
[PR]
# by aipopy | 2016-05-08 19:06 | Voyage | Comments(0)

b0368629_8163651.jpg

へらおおばこ。野の草。となりのトトロで登場した庭が好き。ジブリの映画は、背景として描かれる場面も興味深いです。園芸SHOPでお迎えした子は、あんまり増えないけれど野から連れてきた子は、種を飛ばしてあちこちで増えています。葉の光沢が違うんです。

雨の重みで倒れた二人。Xってなっている・・・・・・。
[PR]
# by aipopy | 2016-05-08 08:03 | 庭の植物 | Comments(0)

b0368629_6284328.jpg

記憶が忘れそうです。夕方の庭。私が、レンズのピントが合わないと格闘していたら、ほんの1分で花が閉じちゃいました・・・。その前に撮ったけれど。エデンさんで、こぼれ種で増えると書いてあったのと以前から気になる植物でした。

b0368629_6291069.jpg

シシリンチュームです。

b0368629_6293112.jpg

一番星、見つけました。大好きな星シリーズ。この子は青い星。シラー・ベルビアナ。5球は、昨年は咲かず家では無理かもと思っていたら3球は大丈夫でした。2球は小さな蕾の時に、食いしん坊の虫に食べられたようです。

b0368629_630117.jpg

つぐみさんに頂いた白雪芥子。昨年、暑すぎる庭では、駄目かもと諦めた矢先に咲いていました。よかった。スミレと、カンパニュラ・アルペンブルーが、生育よすぎなせいで、押されちゃったのかな。楚々として一輪の美しさです。

b0368629_630204.jpg

エデンさんで、見つけた斑入りの金魚草。花色はお楽しみとありましたが、ピンクの子と思います。

いつしか薔薇の蕾が色づいていました。夕暮れ間近の薔薇は、どこか好きです。Deuil de Paul Fontainは、暴風で葉が傷んでしまいました。他のバラの葉は、ここまで傷んでいません。一番、風がきついだろうと思います。大好きな、落ち着いた赤の薔薇。

Cardinal de Richelieu
b0368629_6313870.jpg


Deuil de Paul Fontain
b0368629_6315746.jpg


Rei
b0368629_6323398.jpg

[PR]
# by aipopy | 2016-05-08 06:45 | 庭の植物 | Comments(0)

野菜の花

b0368629_8254533.jpg

b0368629_8261335.jpg

b0368629_8263076.jpg

以前、ガーデン雑誌で、キッチンガーデンの野菜の花束を持つ女性の写真があった。どんな表情の女性かわからない写真。その一枚が強く印象にあります。

野菜の花束を持つ姿が美しかった。ロケットのクリーミーホワイトの花。

地場産野菜。お浸しにする前に、黄色い菜の花から元気が出ました。斉藤さんのお庭のポタジェが大好き。かっこよかった、野菜の寄せ植え。今度私もチャレンジしてみたいな。

私は今年、チャイブとズッキーニを購入しました。ピーマン、茄子は、母が植えるようです。今年、理事の方から頂いたプチベール。ケールよりも栄養価があるとか。早速、苗を予約しました。

お浸しにしたり、ソテーしたり、パスタやスープにも使えそうです。ビーツも育ててみたいな。
[PR]
# by aipopy | 2016-05-07 08:24 | 綴ること | Comments(0)