6月の庭から

b0368629_13285542.jpg


b0368629_13273192.jpg


b0368629_13275964.jpg


b0368629_13281192.jpg


b0368629_13284411.jpg


b0368629_13283239.jpg


b0368629_13282220.jpg


b0368629_13274423.jpg


b0368629_13290628.jpg
薔薇の一番花が、もうじき終わりを告げます。薔薇の季節って咲くまで、どきどきわくわくして、いざ開花が始まると早すぎる展開についていけなくて、ゆっくり咲き進んでほしいなあと思ったり、我儘な想いが心の中で葛藤する季節。夏へと庭も移ろいでいきます。花を終えた一年草の整理をしたり、秋まで楽しむ植物を植えたり、やることが多い庭作業。小さな庭なのに終わらずに持ち越すことがあり悲鳴もの・・・・・・。作業で疲れたら、花の蜜を求めアゲハ蝶が舞う姿を見て一休みしたり。

土曜日の仕事の後に、花苗を購入したエデンさんで、お迎えしたいと思っていたHosta 'Atrantis' に出会えました。通信販売のサイトで別の植物を注文した際に一緒に頼みたかったのですが、品切れで諦めていました。一つの苗だけを購入したいがために送料を考えると、どうしたものか・・・・・・。そんな時に、偶然に新潟の園芸店に出会えるという奇跡。自分でも驚きました。クレマチスはMON AMOUR'Zomoa'。久しぶりに大輪系をお迎えしました。

グリーンのリーフは、ノリウツギ・ボブシェル。中心部は今後、小さな蕾になっていくのかな。昨年は、花をつけず沈黙中。今年は咲いてくれたら嬉しい。

アンゲロニア、ペンタス、日々草と秋まで咲く植物を購入し、庭の整理と植え付けを同時進行。もう少しペースをあげたいところです。コリウス少し増やしてみようか・・・・・・。最後の写真は、すっかりお爺ちゃんのルビー。年を重ねて甘えん坊になりました。

[PR]
by aipopy | 2018-06-13 04:50 | 庭の植物 | Comments(0)