人気ブログランキング |

b0368629_19345295.jpg


b0368629_19350994.jpg


b0368629_20081561.jpg


b0368629_19351972.jpg


b0368629_19354227.jpg


b0368629_19353167.jpg


b0368629_19360313.jpg


b0368629_19355252.jpg


b0368629_19361221.jpg


b0368629_19362412.jpg


b0368629_19363453.jpg


b0368629_19364429.jpg


b0368629_19371250.jpg


b0368629_19372256.jpg


b0368629_19373193.jpg


b0368629_19374027.jpg


b0368629_19375149.jpg


b0368629_19380195.jpg


b0368629_20080105.jpg


薔薇と宿根草の場所を散策しました。満開の時は美しい光景だったことと思いますが、22日で多くの薔薇が美しく咲いていました。一重のバラは可憐な「雪っ子」。母は「マダム・ドゥ・スタール」が今回気になった薔薇でした。ぎぼうしは花が咲いていませんでしたが来月には可憐な花を咲きだし夏の草花も多く咲いていきますね。夏は苦手だけれど、夏色の植物は好きです。どんな感じに庭は変化していくんだろう。季節ごとに伺ってみたいと思った庭でした。こちらのお庭では、苗売り場が充実していました。

葉焼けしにくいギボウシ、ブッドレア、フロミス(ピンク)、フロックス、カンパニュラ、ベロニカ・アポロを購入して、日曜日に植え付けをしました。田んぼ側の庭にアーチを設置しようと企んでいましたが構造物の圧迫感が出そうなので設置せず。背が高くなるブッドレアを植えてみようと計画が決まりました。ポール・スミザーさんの本を拝見しながら、庭の環境に適した宿根根と少しだけ一年草、小低木を田んぼ側の庭では楽しみたいと思います。どこまでできるかわかりません。失敗するかもしれませんが自分なりに頑張ってみようと思います。

庭めぐりで、曇りから晴れとなり蒸してきた後半。最後はカフェでひと休みしました。紫陽花のゼリーが乗ったパンナコッタとブレンド紅茶を併設のカフェで頂きました。ガーデンとカフェと苗売場があるのが嬉しいです。今度は紅茶とスコーンを食べてみたいです。

# by aipopy | 2019-06-26 18:34 | おでかけ | Comments(0)

b0368629_17211524.jpg


b0368629_17212811.jpg


b0368629_17213750.jpg


b0368629_17214998.jpg


b0368629_17220066.jpg


b0368629_17221108.jpg


b0368629_17223600.jpg


b0368629_17224832.jpg


b0368629_17230054.jpg


b0368629_17231002.jpg


b0368629_17234975.jpg


b0368629_17232176.jpg


b0368629_17235985.jpg


b0368629_17240806.jpg


b0368629_17241873.jpg


b0368629_17243068.jpg


b0368629_17244275.jpg


b0368629_17250516.jpg


b0368629_17251557.jpg


誕生日を迎えた週末、思い立って那須へ日帰り旅をしました。花だけではない日帰り旅です。事故とか具合が悪くなった時のことを考えて、前もって両親に話したところ行ってみたいとのこと。親子日帰り旅となりました。手術をしてから朝早くは苦手な母が頑張ってくれて予定時間より早い6時30分に家を出ました。初めての磐越道と東北道の高速運転でした。行きは私、帰りは父が運転し新潟入りしてから私が交代しました。

9時30分に辿り着いた場所は那須インターから車で近くの場所でした。看板が樹木で隠れて見えにくく通り過ぎて、おかしいとのことでユータウンして駐車場を発見。ようやく、無事に目的地にたどり着きました。お友達から伺っていたガーデンです。一昨日から昨日の朝は雨が降ったようですね。田んぼが近くにある、のどかな場所です。蛙の鳴き声を聴きながらガーデンへ。

薔薇は遅咲きの薔薇が咲いていました。6月の上旬が薔薇が一番美しいとのことですが、しっとりと雨粒をまとっていました。宿根草の植栽などを勉強したかったのです。ガーデンの土は、ふかふかの黒土。樹木も宿根草も大きさが大きくて母と溜息。植物は、いまいち興味がない父も楽しんでいました。私が大好きな池。池って大好きです。秋田の祖父母の家の裏庭に池があり趣があり、子供時代から好きでした。鯉と水草の池でした。子供時代には兄と従兄弟と父と叔父で池の近くで花火をしたことを思い出します。子供時代の想い出があるからか、池を見ると懐かしくなります。

念願が叶いました。母と、池の周りで大きなギボウシとアスチルベを見ているとガーデンに住んでいる、ギンジ、アヤメ、キクと遭遇。もぐもぐタイムでした。そっと見守ってあげました。すごく、かわいくて仲がいいのです。大きなアヒルがギンジだと思うのですが、周囲を警戒して安全がわかると合図をしています。白鳥もそうですね。かわいいアヒルたちに会えたのと、美しい庭を拝見して心が温かくなりました。

長くなるので、次回に続きます。


# by aipopy | 2019-06-23 17:32 | おでかけ | Comments(0)

記念日は穏やかに

b0368629_21094349.jpg


b0368629_21093343.jpg


b0368629_21090962.jpg


b0368629_21085839.jpg


b0368629_21092178.jpg


記念の日は毎年、静かに過ごすことにしています。今年は気持ち的にもちょっと安堵できて青空の日のように気持ちのよい穏やかな一年だと嬉しいです。

いつも見守ってくれる家族、相変わらず家来3という位置づけだけれど、家来3の体調をチェックしてくれている優しいルビー、優しく楽しく時には厳しく意見をしっかりと言ってくださる友達に感謝を伝えたいなあと・・・・・・。恥ずかしがりやだから、たぶん伝えられないままになるだろうけれど。

今年は冒険を少ししてみたいなあと思っています。叶えたい夢、少しでも叶う1年にしていきたいです。勉強を始めたイタリア語・・・・・・。ちょっと、さぼってきたので、やり直していこうと思います。いつか旅をしてみたい国。英語もやり直したいし。片言だけれど、自分の口で会話をして交流できたらいいなあって思う。そしたら、きっと旅も面白くなってきそう。きっと最後はジェスチャーとか、単語だけを並べるんだろうけれど・・・・・・。まあ、ぼちぼちといきます。

人生、晴れみたいな日もあれば、雨や土砂降りの日もあるけれど、なんとかなると思って、ぼちぼちいきます。

今回の地震、心配くださった皆さま、ありがとうございます。被害は我が家はありませんでした。まだまだ、油断はできません。気をつけていきます。横揺れ、海から11kmで、津波が押し寄せてきたらと思うと恐怖でした。

# by aipopy | 2019-06-20 04:00 | 綴ること | Comments(0)

b0368629_16091432.jpg


b0368629_16092604.jpg



近くだったら頻繁に通うのに、遠くだから残念・・・・・・。こちらの天然酵母の食パン、どうやら週末のみの販売です。母に頼まれていた食パンです。もう少し購入すれば良かったなあ。シンプルで噛むと甘みがあって好きな食パン。こういう食パンが好き。ジャムにするには、もったいなかった越後姫(いちご)のジャムを塗った蔵パンは最高に美味しかったです。パンやお菓子は紅茶と飲むのが好き。

食パンって、そのお店ごとの個性があって食べ比べています・・・・・・。そして梅ちゃんバーガー。めっちゃくちゃ美味しかった。どちらかというと甘党なほうではない私。はっきりした味が好きな私。しょっぱい煎餅が好きな私にもってこいだった梅ちゃんバーガー。梅の酸味と塩分が、さっぱり鶏むね肉と合っていて家で再現してみたいです。チーズとの相性も良かったです。

こちらのパン屋さんは、油分がものすごくなくて、どのパンを頂いても、しつこくなくて美味しかった。パンを食べて、おでこが脂っぽくなるものはあまり得意ではないから。クランベリーとクルミとクリームチーズのパンも美味でした。

たぶん自力でたどり着けないけれど、スマートフォンのナビがあればたどり着けるはず。イートインもできるお店で、多くのお客さんが訪れていました。梅ちゃんバーガーは夏のみなのかなあ。サンドイッチも気になるものがあったなあ。また、県央に行く時は伺いたいです。

梅ちゃんバーガーを、最後の1枚になった蔵食パンで再現してみました。梅ちゃんバーガーのパンと違うけれど、味が近づいてきました。梅干しは母の自家製梅干しとマヨネーズで梅ソースを味見しながら作りました。やっぱり、パンにはバターを塗る、レタスとチェダーチーズ?を挟んでみたら、あの日食べた梅ちゃんバーガーの味を再現できそうです。

# by aipopy | 2019-06-16 09:32 | 食パンを求めてあちこちへ・・・・・・。 | Comments(0)

b0368629_15124774.jpg


b0368629_14371266.jpg



b0368629_14372430.jpg


b0368629_14363924.jpg


b0368629_14365061.jpg




b0368629_14382109.jpg


b0368629_14373816.jpg


b0368629_14380205.jpg


b0368629_14375044.jpg


b0368629_14574183.jpg


b0368629_14575242.jpg


b0368629_14580442.jpg

大輪の百合が美しかった夏旅で訪れたTさん御夫妻のお庭。夏の緑とフロックス、そして百合が美しく咲いていた庭の光景を思い出します。子供の時は、母が、すかし百合を育てていました。祖母は鉄砲百合が好みで育てていました。鹿の子百合、マルタゴンリリーのように、くるりんと咲く咲き方が可憐で私は大好きです。今年、母が長年、育てていたオレンジのプミリュムは芽が出ませんでした。独特の色ですが、青い花やグリーンと合わせて野の花のように咲く姿が好きです。このプミリュムは5月中旬に咲きます。お友達が行かれた浜名湖ガーデンパークの記事を拝見していたら、やはり来年咲かせたいとのこと。リベンジなりますでしょうか。

一方、マルタゴンリリーは5月末から今年は6月15日まで咲きました。同じ場所でも少しの日光の違いで咲く時期がずれました。白いマルタゴンリリーは遅く咲きました。今日の台風なみの暴風雨がなければ、私の誕生日まで長く楽しめたに違いありません。ピンクは色幅があります。濃いピンクと白は昨年に球根を植えた若い球根。淡いピンクは毎年、宿根しているものです。

マルタゴンリリーと一緒に迎えた百合もあります。田んぼ側のガーデンのところに点々と2球を植えたオレンジにスポットが入る小さな百合リリアム・シャステンセ。この子は庭のポイントになりました。ところどころに散りばめる感じで咲かせるのが好きです。今年、もし球根を見つけたらもう少し増やしたいです。花期は短かったけれど、元気の出るオレンジカラーも好きです。

お盆頃には、鹿の子百合が咲き出します。マルタゴンリリーよりも大きめですが、夏の花が少ない時に咲きますので、とても重宝する百合です。やっぱり私は下向きに咲く百合が好きです。山百合は栽培が難しそうです。自生する場所で見ます。それが一番よいなあと思います。最後から1枚目は、母がリベンジしたいプミリュム。最後から2枚目と3枚目はTさん御夫妻のお庭で咲いていた百合。

# by aipopy | 2019-06-15 15:09 | 綴ること | Comments(0)