カテゴリ:庭の植物( 46 )

進化を続けるビオラ

b0368629_13001977.jpg


b0368629_12593093.jpg


b0368629_13004407.jpg


b0368629_13011547.jpg

11月に入り、パンジーやビオラの苗が多く販売される季節になりました。今回の写真は宮崎の進化を続けるビオラです。微妙な色合い、絞りが美しいのです。大好きなお店に訪れて苗を購入したいのですが、足を運べず断念。

一昨年だったかな。遠足で訪れた大好きなお店で教えて頂き初めて拝見したのが、evolveでした。湘南台のルーシーグレイです。今頃は、ビオラの立派な自家製苗も多く販売されていますね。しっかりした苗です。

秋に読んだ旅本でも、ルーシーグレイが紹介されていて、とても嬉しく思いました。近くに、りんご園があるんですよ。また、遠足で訪れたいです。

さて、コウロギノブコさんのビオラも3品種、Matte blackie PuPu、八重咲きが美しい佐藤園芸さんのDracula3品種、江原さんのヌーヴェルバーグを迎えました。また後程、UPしたいです。

[PR]
by aipopy | 2018-11-11 12:58 | 庭の植物 | Comments(0)

楚々とした花が好き。

b0368629_09494405.jpg



b0368629_09510965.jpg



花もあとわずかとなりました秋明菊ダイアナ。背が高くない品種ですが、この夏の台風のフェーン現象で半分以上チリチリとなってしまいました。それでも寂しくなる秋の庭に咲きだすと庭の雰囲気が明るくなります。

いろんな場所で増えています。意外と厳しい環境でも、咲いてくれます。綿のような種子に、かわいらしいほど小さな種がいっぱいあります。風に乗って旅立つのも、もうすぐですね。

白い秋明菊は、なかなか育ちません。なぜなんでしょう・・・・・・。

[PR]
by aipopy | 2018-10-23 11:55 | 庭の植物 | Comments(0)

秋ならではの色

b0368629_09564271.jpg
秋のラベンダーセージが好きです。秋晴れの日のラベンダーセージはとても美しいです。冬越しできるラベンダーセージですが、この冬は一株がお星さまになりました。一株だけになりましたが、春の芽吹き、初夏から淡いシルバーブルー色で咲き始めました。秋になると色が濃くなります。青みがかる紫が好き。蜜を求めにセセリチョウ、くま蜂が飛んできます。そんな光景を見ると次の世代に虫たちの命がリレーしていくのだなあと、ふと思いました。また遊びに来てと思いながらラベンダーセージを見ています。

私は庭の手入れできず、両親に頼んでいます。雑誌や訪れた庭を拝見しては、この場所をこうしてみたいと思いながらも、今年もできなかったことが多くあります。予定していたものをミスってしまったり・・・・・・。なかなか庭資金に資金を投入できずにいるので、植栽だけでなんとかカバーしていければと思ったりしています。

老後の蓄え、医療費のこと、住宅のメンテナンス、車と先立つお金が必要になってきたなあと改めて思う今日この頃。ブルーになりつつも、ひきづらないこと。よいことを思いながら1日を頑張るしかないですから・・・・・・。副作用が心配ですが、新たな療法を開始します。縫合した部分から膿が出たり(主治医に診て頂いたら心配しなくても大丈夫と・・・・・・)。初めてのことだから、不安がいっぱいで乗り越えています。まだ、体調的に40%復活でしょうか。寝汗が物凄いですし、すぐに疲れてしまう、3000歩の距離で歩くのを止めたいくらい疲れる・・・・・・。意欲がいまいち・・・・・・。このままではいけないですね・・・・・・。



[PR]
by aipopy | 2018-10-21 10:19 | 庭の植物 | Comments(0)

b0368629_11370352.jpg
晴れたので近所を歩幅が少なめで少し散歩。息があがって、やっとこ歩く。これもよくなるための運動。先生と約束した運動なので守ることにします(汗)。新たなことが中旬から開始していくけれど、気長に行こうと思っています。明るい方々のおかげで、気持ちが滅入らなかったし、お友達のメールから元気を頂いた。感謝をしています。

庭は台風で酷いことになっていると思いきや、大丈夫だったとか・・・・・・。母が草取りをしていたおかげで助かりました。秋に咲く花。ボーボーかもしれないけれど花畑状態になっている庭。ペンタス、クナウティア、ネコノヒゲが咲いていました。秋に飛んでくる蝶も庭で蜜を吸っていて、生きているんだなあって思いました。




[PR]
by aipopy | 2018-10-04 11:48 | 庭の植物 | Comments(0)

9月の小さな庭から

b0368629_17265913.jpg

b0368629_17272212.jpg


b0368629_09531355.jpg



b0368629_09532564.jpg



b0368629_09534994.jpg



b0368629_09533782.jpg


b0368629_10394050.jpg




9月も、あっという間に半ばです。庭は2度の台風の暴風とフェーン現象などもありで風や暑さに弱い植物の葉が茶色く変色しています。真夏の猛暑でお星さまになってしまった植物も多数あります。大好きな花木のマロニエの葉は茶色です(涙)。自然現象なので仕方ありません。庭全体は撮影ができないほど・・・・・・。アンゲロニアは真夏の猛暑で休んでいましたが涼しくなったのを感じたようで咲き始めました。シモツケは葉が美しく、可憐な花が返り咲いています。

猛暑で蒸れてお星さまになったと思っていたサルビア・ヌタンスも復活し咲いていました。育てて半年なので来年の春が楽しみです。クナウティアは猛暑も関係ないのか、こぼれ種でも増えていくので、少し整理をしないといけません。

つぐみさんから頂いた斑入りタデ。とっても可憐な桜貝のようなピンク色で咲き始めました。母もお気に入りで種で増やしたいとのこと。薔薇は切戻しをしたり、留守にするため管理が楽なようにしました。

丈夫な宿根草のカクノトラノオ。てんてんさんから頂いた苗です。季節になると毎年咲きます。夏の花が終わり花がだんだんと寂しくなる季節に咲き始めるので、とても頼もしいです。背が伸びて雨が降ると重みで地面に倒れてしまうため、今年は6月に一度切戻したので、ちょうどよい高さで咲いています。斑入りタデの写真を撮っていて足元を見たら彼岸花が目覚めていました。開花には立ち会えるでしょうか・・・・・・。微妙でしょうかね。

[PR]
by aipopy | 2018-09-15 10:01 | 庭の植物 | Comments(0)

秋の光

b0368629_17271089.jpg
先週は雨続きの新潟。今日は晴れという事で、早朝に今日できる作業を行いました。太陽が昇るのが遅くなったなあ・・・・・・。秋薔薇のための剪定を行ったり、宿根草の切戻しを行ったり・・・・・・。朝は涼しくて汗もかかずに作業できました。庭はスッキリとはできたかな。秋は、いろんなことが重なり庭に出られそうにないのです。こういう年も生きていればありますね。秋の予定もキャンセルです。いろいろと行きたい場所もあったんですよね。でも、今、行けないとしても違う時に行けばいいですしね。自分のことを一番に考えないといけないですし・・・・・・。なんとかなるでしょう。今までも、なんとかなってきたし・・・・・・。そう思えるようになれた自分に驚きです。

秋の始まりの午後の光を浴びて、きらきらしていた風知草の穂。この、猛暑の暑さもへっちゃら。梅雨明けから、まとまった雨が降らず水不足でした。そのため水を使用するのも躊躇しました。どうしても枯らしたくない植物を最優先にし、あとは水は多くは与えていません。強い植物は生きています。強いなあ・・・・・・。植物の力って凄いなあって思うことが沢山でした。台風の被害、心配です。実りの秋ですし、ガーデンの世界では秋のイベントもありますから・・・・・・。台風の被害が少ないことを願いたいです。

[PR]
by aipopy | 2018-09-02 17:41 | 庭の植物 | Comments(0)

6月の庭から

b0368629_13285542.jpg


b0368629_13273192.jpg


b0368629_13275964.jpg


b0368629_13281192.jpg


b0368629_13284411.jpg


b0368629_13283239.jpg


b0368629_13282220.jpg


b0368629_13274423.jpg


b0368629_13290628.jpg
薔薇の一番花が、もうじき終わりを告げます。薔薇の季節って咲くまで、どきどきわくわくして、いざ開花が始まると早すぎる展開についていけなくて、ゆっくり咲き進んでほしいなあと思ったり、我儘な想いが心の中で葛藤する季節。夏へと庭も移ろいでいきます。花を終えた一年草の整理をしたり、秋まで楽しむ植物を植えたり、やることが多い庭作業。小さな庭なのに終わらずに持ち越すことがあり悲鳴もの・・・・・・。作業で疲れたら、花の蜜を求めアゲハ蝶が舞う姿を見て一休みしたり。

土曜日の仕事の後に、花苗を購入したエデンさんで、お迎えしたいと思っていたHosta 'Atrantis' に出会えました。通信販売のサイトで別の植物を注文した際に一緒に頼みたかったのですが、品切れで諦めていました。一つの苗だけを購入したいがために送料を考えると、どうしたものか・・・・・・。そんな時に、偶然に新潟の園芸店に出会えるという奇跡。自分でも驚きました。クレマチスはMON AMOUR'Zomoa'。久しぶりに大輪系をお迎えしました。

グリーンのリーフは、ノリウツギ・ボブシェル。中心部は今後、小さな蕾になっていくのかな。昨年は、花をつけず沈黙中。今年は咲いてくれたら嬉しい。

アンゲロニア、ペンタス、日々草と秋まで咲く植物を購入し、庭の整理と植え付けを同時進行。もう少しペースをあげたいところです。コリウス少し増やしてみようか・・・・・・。最後の写真は、すっかりお爺ちゃんのルビー。年を重ねて甘えん坊になりました。

[PR]
by aipopy | 2018-06-13 04:50 | 庭の植物 | Comments(0)

Rei咲く庭にて

b0368629_19331930.jpg


b0368629_19333938.jpg


b0368629_19335955.jpg



b0368629_20310637.jpg


b0368629_20311816.jpg



大好きなReiが咲きました。いつも開花が始まると気温が上がり仕事している時も水切れしていないだろうかと心配になります。なおかつ、高温が続くと開花のスピードが速いので、咲き始めたら低温希望するくらいです。家は赤い薔薇が多いのですが、赤色って本当に実際の色合いを写真で出すのが難しいです。赤い薔薇を撮る時は、一番美しく撮れる(自分の中で)ダイヤル設定をしていますが、明るくなりすぎたり暗くなりすぎたりしていたりと苦労します。カメラで再生してみた色とパソコンで見る色の違いなども踏まえて、日々少し修正してカメラに臨んでいるのですが・・・・・・。撃沈しまくりです。色調整などの加工は行っていません。

Reiは大人の赤い薔薇。朝の姿も美しいですが、夕暮れ前の浮かび上がる姿に惹かれています。匂いもよいです。かっこいい凛とした匂いです。表現が乏しいですね。Reiを見るたびに、素晴らしかった麻実さんの舞台を思い出します。いつか新潟でも麻実さんの舞台を観たいなあと思いました。いつの日か実現したら嬉しいです・・・・・・。

上から二枚は、今朝の小雨降る暗い空での撮影、三枚目は晴れた日の夕方の写真です。一枚目と三枚目は同じ薔薇を撮影です・・・・・・。一番下と下から二番目の写真は、5月25日の朝の写真を追加しました。暑くなると一気に開花です。庭はReiの麗しい匂いが漂います。


[PR]
by aipopy | 2018-05-24 19:39 | 庭の植物 | Comments(0)

雨の滴をまとった金曜日

b0368629_19175070.jpg


b0368629_19180273.jpg

b0368629_19173873.jpg

b0368629_19184597.jpg

b0368629_19183664.jpg


b0368629_19182612.jpg
もしかしたら今日は薔薇が咲いているかもしれない・・・・・・。4時30分には起き始めている私は、朝刊と宅配の牛乳を取りに外に出る。薔薇に会いに行くと、予感はあたって咲き始めていた。もしかしたら、今年は例年より2日間くらい早いかもしれない。それにしても、昨日からの湿度が高すぎの気候には体がついていけない。今朝も体をまとわりつく湿度の高さが正直辛い。避暑地の涼しさが恋しいほど、新潟は湿度が高すぎる。薔薇の季節は、猛烈な暑さと湿度が容赦ない。今年の薔薇シーズンは、穏やかな陽気だといいのだけれど、暑さ厳しくなるのかな・・・・・・。

モスローズのDeuil De PaulFontaineとイングリッシュローズのSnow Gooseが開花した。Deuil De Paul Fontaineは、横浜イングリッシュガーデンでは大きなオベリスクに誘引されていたのを思い出した。この冬は、鉢の土を入れ替え枝も短めにした。田んぼからの吹き荒れる強風で蕾がついた枝が2本、折れてしまいショックだったけれど仕方ない。ちょっと明るめに撮れてしまったけれど、この深い黒みがかった赤が魅力的です。

ガリカローズのCardinal de Richelieuの蕾。明日、明後日あたりは咲き始めるだろうか・・・・・・。このCardinal de Richelieuも大好きな薔薇の一つ。一番、美しいのは、軽井沢レイクガーデンで咲いていたCardinal de Richelieu。暑さ厳しいと、一気に咲き足早に散っていく。早起きして眺めたり、撮ってみたりしたい。一年に一度しか会えないからこそ、特別な想いで包まれる薔薇。

ブノワ。さんの作出したBella Donna。今年も沢山の蕾をつけている。元気な薔薇だけでなく、匂いが抜群によい薔薇。大きな鉢で育てている。もうじき、ガレージから門扉はBella Donnaの包み込むような優しさがいっぱいな匂いがすると思うと、楽しみ。母も楽しみにしている大切な薔薇・・・・・・。

イングリッシュローズのSnow Gooseは、実は一番写真に撮るのが自分では難しい。我が家のSnow Gooseは、なんだか激しい気がしてきて画像を見るたびに実感する。丘陵公園のSnow Gooseは自分の好みの雰囲気・・・・・・。何がよくないんだろうか・・・・・・。柔らかで優しい咲き方の丘陵公園のSnow Gooseが好き。そう思っているのが感じ取っているのかもしれない。だとしたら、謝らなくては・・・・・・。

西洋おだまきのノラバローは今が満開。マルタゴンリリーの蕾も大きくなってきた。昨年は、5月末に咲いていたんだけれど、今年も同じかもしれない・・・・・・。大好きな百合。山脈で咲くとか緯度が高い地域でないと夏を越せないとかだったけれど、新潟の厳しい夏の蒸し暑さも乗り越えた。環境があえば、平地でも育つんだなあって実感した百合。

天気がいまいちな週末かなあ・・・・・・。薔薇咲く季節、楽しみです。

[PR]
by aipopy | 2018-05-18 19:58 | 庭の植物 | Comments(0)

雨の庭

b0368629_14440274.jpg


b0368629_14444150.jpg


b0368629_14441432.jpg

昨夜の強風。マロニエが心配で3時に目覚めてしまった・・・・・・。5時に外に出てみると、花も落下していないし、葉もなんとか大丈夫そう。庭の被害もないようで何よりでした。今日は風も吹かず、寒い雨の日。テレビで写真家の今村光彦さんの蝶を呼ぶ里庭の特集がありました。自然のまま、手入れや剪定をしながらの庭作り。緑が美しく広いお庭に季節の花々が彩る。圧迫感がなくて蝶が群舞するシーンには感動。私も春にブッドレアをお迎えしました。蝶が多く遊びに来てほしいな・・・・・・。楽しみです。

雨の庭は、乾いた大地を湿らせて、植物は大きく成長します。ガーデンソイルにてお迎えしたポテンティラの白花。一重が楚々として美しい。ガーデンソイルでお迎えした植物は、家の庭にも合ったようで元気に成長しています。

ビオラはevolve。こういう色合いが好きです。evolveは、新潟では購入できないので取り寄せました。大好きなお店に訪問して素敵なビオラを購入したかったのですが伺うことが昨年はできず・・・・・・。鎌倉散策してお店に伺いたいものです。

青いブリキの缶は、豊橋のガレージさんから送って頂きました。少しずつ塗装が剥がれてきていますが、今もお気に入りの鉢。斉藤さんのガーデンから越後に連れてきたユーフォルビア。今年も越冬し花が咲き始めました。斉藤さんのお庭では地植えにしていたり素敵な寄せ植えにしていました。花が咲いている枝は花後に剪定。株元から沢山芽吹き始めています。バトンタッチして頂いてダイナミックに育てたいと思います。ヒナゲシも咲き始めました。


[PR]
by aipopy | 2018-05-03 15:08 | 庭の植物 | Comments(2)