カテゴリ:Voyage( 51 )

小雨降る天上の楽園へ


b0368629_20372827.jpg


b0368629_20363173.jpg


b0368629_20365469.jpg



b0368629_20370922.jpg



b0368629_20381281.jpg



b0368629_20382558.jpg



b0368629_20390550.jpg



b0368629_20384592.jpg



b0368629_20392088.jpg



b0368629_20400607.jpg



b0368629_20393080.jpg



b0368629_20402133.jpg



b0368629_20395170.jpg

b0368629_20403330.jpg


b0368629_20512199.jpg

急遽、思い立った強行軍な無鉄砲一人旅。自分の年を忘れていたのか、意外なことにできました。到着した時は、先回と同じ時間帯でしょうか・・・・・・。家を出てから6時間すると大好きな場所へ。最寄りのバス停に迎えに来て頂きました。2年ぶりの嬉しい再会となり庭に到着しました。2年ぶりに再会するTさん。お会いできない時間が長かったですが、そんなことも感じず温かいお気持ちに嬉しい気持ちになりました。そして、お会いできるとは思っていなかったKさんに偶然にお会いできる機会に恵まれました。とっても頼りになるお友達のお友達にお会いでき、初めましての挨拶ができました。

お庭を案内して頂きました。今回で3度目の訪問となりますが、心がとっても穏やかになり、優しい気持ちでいっぱいです。庭は人ですね。厳しい自然の寒さを乗り越えて生育する植物に出会えたこと、物凄く力強く元気を頂きました。カメラでも多く撮りましたが、傘をさしながらの撮影で、ブレてしまったり・・・・・・。撮るのを止めて、ガーデンの散歩は心地よかったです。小雨から曇りになった瞬間は、本当に美しく瑞々しい雨の雫をまとった植物の楽園でした。庭の趣も変化していました。新たに作られたお庭が生育するのが、今から楽しみでもあります。今度、訪れる時には、成長していることでしょう。イエローガーデンも、優しいのです。大好きなコーナーが増えました。

先回の写真教室で教えて頂いた基本は何処へな写真ですが、大好きなTさんのお庭を3回にわけて紹介できたらと思います・・・・・・。おつきあいくださいね。いつも明るく優しく迎えてくださるTさん御夫妻に改めて感謝をしています。

[PR]
by aipopy | 2018-06-26 20:48 | Voyage | Comments(0)

b0368629_15142981.jpg
最近、誕生月月間の週末は、素敵なGARDENで過ごすことが多いです。仕事や中休みがありましたが、プライベートで忙しいのは6月かもしれない・・・・・・。泊まりだと月曜休みにして3連休と思いましたが、有休がもうじき消化となる事実。日帰りで一度訪れたから大丈夫という計画性のない私が、山中湖で力を頂きたいなあと思ったのが9日のこと。いろんなことがあったので後悔する人生は嫌だなあと思うこともありました。可能な限り無理はしませんが自由気ままに出かけることを決めたものの、無鉄砲な危なっかしい日帰り強行軍一人旅(汗)。

東名高速の土日の渋滞を甘く見ていた私は、新幹線で東京駅まで行き山中湖まで高速バスで行くという計画でした。心配してくださった、お友達からメッセージあり。急きょ、大宮まで新幹線で向かい、大宮から八王子に入り八王子から大月、大月から富士山駅に向かい富士山駅から路線バスで山中湖へ向かうコースを立てました。切符を払い戻し、変更してもらったのが前日。

6時18分発の地元の電車に乗り、迷うことなく順調な行程です。大月でトーマス電車を見て、乗ってみたいって子供のように思いながら、おしゃれな富士急行の電車に乗り換えて、ようやく終着駅の富士山駅のホームへ。大月から小雨が降りだしました。予想はしていたのですが覚悟の事です。ホームに降り立つと、紫陽花が美しく咲いていました。電車からは、紫陽花、薔薇、畑や田んぼ、山を見てあっという間でした。見慣れている新潟の風景とは違います。満開の向日葵が咲いていたり、とうもろこしの花が咲いていたり、里芋の葉を見ているとあっという間でした。

次回から、大好きなお友達のGARDENの記事を・・・・・・と思います。お友達のGARDENまで良かったのですが、人生初の旅先での大アクシデント。いつもアクシデントと隣り合わせですが、今回のケースは初めてだったのです。実は、最初から私にしては順調すぎるなあと気持ち悪かったんですよね(汗)・・・・・・。不安でいっぱいだった週末の夜となりました。こちらは一番最後にと思います・・・・・・。経験すると、少しだけ成長したような気がします。

[PR]
by aipopy | 2018-06-24 15:19 | Voyage | Comments(0)

Picturesque Garden 2

b0368629_20283828.jpg

b0368629_20275475.jpg

b0368629_20281534.jpg

b0368629_20285387.jpg

b0368629_2029768.jpg

b0368629_20292720.jpg

b0368629_20295296.jpg

b0368629_2030135.jpg


b0368629_20321567.jpg

Picturesque Gardenの続きです。樹木があり、シェードガーデンとなっていて、ほっとした時間を軽井沢で過ごしました。リーフの美しさ。ホスタが大きなサイズです。心地よい庭でした。庭に訪れていた時は、自分一人だけ。もっと多くの人に訪れてほしいです。そして、ずっとずっと先にも残ってほしい庭です。優しい気持ちになれました。

そして、清里のお庭へ想いが募っています。
[PR]
by aipopy | 2017-07-08 05:20 | Voyage | Comments(0)

Picturesque Gardenへ

b0368629_16542755.jpg

b0368629_16545257.jpg

b0368629_1655713.jpg

b0368629_16551976.jpg

b0368629_16553264.jpg

b0368629_16554523.jpg

b0368629_16555718.jpg

b0368629_16561116.jpg

b0368629_1656225.jpg

b0368629_16563531.jpg

b0368629_16565327.jpg

b0368629_1657718.jpg


MyGardenで紹介されてから、気づけば時が長く経っていました。軽井沢レイクガーデンから、タクシーで移動したPicturesque Gardenへ。ムーゼの森の中にあります。ハヤシライスと木苺のジュースを頂いてから庭を見学しました。

ここ数年、ポール・スミザーさんのガーデンに訪れたいと思っていました。今年、訪れる予定だった清里は断念してしまい残念でした。いつか、訪れたいです。水生植物や群生しているルドベキア・マキシマ、リーフやグラスも見学したい。

季節の花とカラーリーフ、樹木を生かしたナチュラルなガーデン。地元に自生している植物を扱い、植物の環境にもあっています。人間って我儘です。自分の庭で育ててみたいと、適している環境と違いすぎる植物を植えてしまうことがあります。私です・・・・・・。ちょっと反省です。枯らさず夏越しできていますが、年々、厳しい暑さになっていくと厳しいでしょうね。

若い時は、花色が華やかな植物に惹かれることが多くありました。よって、最盛期は賑やかすぎて消化不良になりそうに。少しずつ、ずっと眺めていても疲れない庭にしていきたいです。植えている植物は大事に育てていきたい。

今は、パレットに色んな絵の具が混ざったような庭となっているので、少しずつ少しずつ変化させていきたいです。
[PR]
by aipopy | 2017-07-06 05:12 | Voyage | Comments(0)

b0368629_1036610.jpg

b0368629_10363373.jpg

b0368629_1037275.jpg

b0368629_10371631.jpg

b0368629_10372712.jpg

b0368629_10374986.jpg

b0368629_10381734.jpg

b0368629_1038285.jpg

b0368629_10384060.jpg

b0368629_10385376.jpg

b0368629_1039526.jpg

b0368629_10391656.jpg

b0368629_1038115.jpg

b0368629_1039271.jpg

b0368629_10393910.jpg

b0368629_10395495.jpg


楽しい時間は、いつも足早に過ぎていきます。あけさんに教えて頂いた新しくできたグラベルガーデンを目指します。滝の近くだからと教えて頂いていたので、何とか到着。でも、ここを登っていくのだろうかと、悩んでしまいましたが登って正解でした。

グラベルガーデン、とっても素敵でした。植物が育っていく頃、どう変化していくでしょうか。お友達に種を頂いたのに、発芽しなかったブルーカカリアを発見。最近、種まきに失敗してしまっているので基礎から頑張らないといけません。

好きな場所を、再び散策。この日は、お昼にと思っていたブラッセリーNAKAGAWAは定休日。帰りの時間も考えないといけないので、次の目的地に向かいました。

1枚目:ラビリンスガーデン
2枚目:Celsiana
3枚目:クレマチス
4枚目:パーゴラに伸び伸びと咲く薔薇
5枚目:ウッドランドで育つ苺
6枚目:グラベルガーデンのダークリーフの植物
7枚目:グラベルガーデンにて
8枚目:グラベルガーデンの白い花
9枚目:グラベルガーデンにて咲いていたブルーカカリア
10枚目:爽やかな水色が魅力的な宿根アマ
11枚目:池と白い薔薇
12枚目:Harlow Carr
13枚目:グラベルガーデン
14枚目:Mrs. Doreen Pike
15枚目:ウッドランドにて
16枚目:めがね橋にて
[PR]
by aipopy | 2017-07-03 05:27 | Voyage | Comments(0)

b0368629_933564.jpg

b0368629_9331757.jpg

b0368629_933292.jpg

b0368629_9334327.jpg

b0368629_9335531.jpg

b0368629_934752.jpg

b0368629_9341986.jpg

b0368629_9343310.jpg

b0368629_9344636.jpg

b0368629_9351343.jpg

b0368629_9352557.jpg

b0368629_9354289.jpg

b0368629_9355257.jpg

b0368629_93633.jpg

b0368629_9361463.jpg


振休と有休を使い、日帰り一人旅で軽井沢に訪れました。地元駅から新潟駅へ。新潟駅からは新幹線で高崎駅へ。高崎駅から新幹線で軽井沢へ。電車の中では角田光代さんの旅のエッセイを読んでいました。私も同じって思って読んでいたら2時間半で軽井沢へ到着。早いものですね。タクシーで軽井沢レイクガーデンに開園と同時に入れるように向かいました。

久しぶりの軽井沢レイクガーデンです。タクシーで向かい到着した時は曇りでしたが、10分くらいしたら小雨がパラパラと降り始めました。スタッフの方が、傘を持ってきてくださり心遣いが嬉しく思いました。

散策をしたり写真を撮ったり。途中で優しい雨が降り始めて、傘をさしている時間が長かったけれど6月の薔薇や宿根草を楽しむことができました。

気になった庭の写真を前編、後編で更新したいと思います。

1枚目:ウッドランドの蕗の葉で休んでいた小さな蜻蛉。マクロレンズが欲しくなりました。
2枚目:William Shakespeare 2000
3枚目:睡蓮は大好きな植物。もし庭に池があったなら睡蓮を育てたい。
4枚目:眼鏡橋から薔薇を望む。ここで30分、お客さんの往来がなくなるまで粘りました。
5枚目:ゲラニュームの寄せ植え。
6枚目:薔薇と樹木。背景に樹木があると薔薇が引き立ちます。
7枚目:フレンチローズガーデンにて。
8枚目:ウッドランドのアルケミラ・モリスは美しい。
9枚目:大好きなCardinal de Richelieu。再会できたこと、とても嬉しい気持ちでした。
10枚目:軽井沢レイクガーデンで一番好きな場所、ラビリンスガーデン。薔薇の塔は、大好きな
    Cardinal de Richelieu。
11枚目:ラビリンスガーデンの池。
12枚目:ラビリンスガーデンでガーデナーさんが黙々と作業されていました。美しい庭はガーデ
    ナーさんのお手入れの賜物です。
13枚目:ヤナギランは信州で咲く姿が一番美しいと思う。涼しい場所を好むのかな・・・・・・。
14枚目:ホタルブクロは大好きだけれど、庭では夏越しが難しい。SHOPで苗が販売されていた
    けれど、諦めた。やっぱり欲しかったなあ。
15枚目:今季、この薔薇の美しさを実感。花の咲き方やサイズも好き。時間にゆとりを持てる時が
    きたら迎える薔薇と決めたRusselliana。
[PR]
by aipopy | 2017-07-01 09:38 | Voyage | Comments(0)

光輝く6月の日曜日

b0368629_20475912.jpg

b0368629_20481471.jpg

b0368629_20483741.jpg

b0368629_2049011.jpg

b0368629_20582458.jpg

b0368629_20491714.jpg

b0368629_20493720.jpg

b0368629_20495170.jpg

b0368629_2050544.jpg

b0368629_20502168.jpg

b0368629_20503683.jpg

b0368629_20505075.jpg

b0368629_21124789.jpg

b0368629_2051452.jpg

b0368629_20511763.jpg

b0368629_21122793.jpg

b0368629_20513027.jpg

b0368629_20514477.jpg

b0368629_20515656.jpg

b0368629_2052792.jpg

b0368629_20522298.jpg

b0368629_20523577.jpg

b0368629_20524942.jpg

b0368629_2053649.jpg



友達と訪れた雪国植物園。立ち寄りたいと楽しみにしてくださっていました。この日は、肌寒かったものの晴れて、緑が生き生きと光り輝いていました。影ったり、光が差し込んだり、ここは緑が多く、自然を主としています。野鳥の囀り、蜂の羽根の音、虫の声、蛙の鳴き声。トカゲもいました。緑の中で、咲いている花の色が美しく・・・・・・。こういう自然な場所が好き。景色を見ていたら、涙がポツリ・・・・・・。生きていてよかったなあって思うんです。

自分の技術が拙く、小さな瞳で見た景色が表現されず・・・・・・。写真って難しいですね。
短い滞在時間でしたが、気持ちがリラックスできたらいいなあと思います。今回、時間的に難しいかなと思いましたが、訪れることができて嬉しかったです。すっかり諦めていたので、提案してくださった友達に感謝です。思い出になった誕生月となりました。

今月の中頃には、夕方には蛍の乱舞する季節となります。

来月の中頃からは、私の大好きな百合の季節が訪れます。クルマユリ、ヤマユリ、コオニユリ。そして池には蜻蛉が飛ぶ生命力が一番感じる夏。そして、キツネノカミソリ、彼岸花、秋の植物へと移ろいでいきます。
[PR]
by aipopy | 2017-06-15 04:46 | Voyage | Comments(0)

丘陵公園にて

b0368629_21215133.jpg

b0368629_2122569.jpg

b0368629_21221779.jpg

b0368629_21223042.jpg

b0368629_21224321.jpg

b0368629_2123493.jpg

b0368629_21232450.jpg

b0368629_21233632.jpg

b0368629_21234924.jpg

b0368629_2124010.jpg

b0368629_21241670.jpg

b0368629_21242751.jpg

b0368629_21244018.jpg

b0368629_21245272.jpg

b0368629_212535.jpg

b0368629_21251640.jpg

国営越後丘陵公園を訪れるようになって、気づけば15年くらい・・・・・・。最初に訪れた時はガーデン友達と一緒にではなく、父に連れていってもらったのが始まりです。よくよく思うと、意外なことにバラ園に父と出かけていることが記憶にありました。丘陵公園、山形の双松バラ園、軽井沢レイクガーデン・・・・・・。母も気がのると加わったり。いつしか、両親から花が縁で友達になった方々と訪れたり、時間が急きょある時には、一人で出かけたりするようになりました。

今回も友達と丘陵公園へ。この日は、友達の授賞式もありましたから、特別な日となりました。丘陵公園の薔薇は、伸び伸びとして手入れがされていて、とても気持ちよいです。朝は雨上がりの曇りから、徐々に光が出てきました。気温は、肌寒かったです。

旅をしてきて、越後に入ると、緑が多くなり越後平野の田んぼや山を見ると安心します。丘陵公園も同じ気持ちになります。私にとって丘陵公園は、ホームのような存在です。

個人的には、リーフや宿根草の咲くコーナーが好き。薔薇のコーナーは、大好きなモーヴァンヒルズのアーチが好きです。広いお庭があったら、アーチで育ててみたいです。

また、大きなロープに誘引されたコーナーも好きな場所です。毎年、楽しみにしているロサ・エグランティアも好きです。花の大きさも好みです。伸び伸びと育っているのを見て、丘陵公園のロサ・エグランティアが好きです。

もっともっと素敵だったのに・・・・・・。PCで大きな画面になった写真のデーターを見るたびに、落胆。今回の写真の反省をして、今度は少しでも自分の感じた気持ちが写真に表現されたらいいなあって思うんです。訪れると、注意すべきことを忘れちゃうんですよね。次回に、今回の反省点が活かされるように努力あるのみです。

改めて、スタッフ、ボランティアの皆さん、御一緒しました友達に感謝をこめて。楽しい薔薇が咲く休日となりました。
[PR]
by aipopy | 2017-06-13 21:33 | Voyage | Comments(0)

CAVE D'OCCI WINERYにて

b0368629_20355742.jpg

b0368629_20361475.jpg

b0368629_2036293.jpg

b0368629_20364370.jpg

b0368629_20372339.jpg

b0368629_20373839.jpg

b0368629_20375615.jpg

b0368629_20381171.jpg

b0368629_20382496.jpg

b0368629_20384186.jpg

b0368629_2038541.jpg

b0368629_2039998.jpg

b0368629_20392556.jpg

b0368629_20393953.jpg

b0368629_20395486.jpg

b0368629_2041349.jpg

b0368629_20421931.jpg

先週の休日、友達が越後へ来られました。レストランの予約をして、越後のお友達とプランを立てていました。前日は風と強い雨・・・・・・。晴れの日プランしか計画していないことに気づき、前日の夜に、朝一番に予定していたプランを取りやめました。今度は、万が一を想定し、雨の日プランも作らないとですね・・・・・・。

プランを前倒しをして、友達が訪れてみたいと話していました、CAVE D'OCCI WINERYへ。ここで、待ち合わせをしました。

真夏のような暑さが続いた直後に、4月上旬のような寒さとなりました。小雨が降ったり止んだり。今回、痛恨のミスは海沿いから入らなかったこと。116号を走らせて赤塚経由で向かえばよかったのだけれど。迷いに迷って、道沿いのお店で教えて頂いて自力で向かいました。スマートフォンから、ナビのアプリを使用したものの、音声が流れない。須坂で同じ現象だったのです。音声も気に入っていないんだけれど、画面を見て運転はできません。遅刻したらどうしようって思いながら、看板が出てきて安堵でした。

無事、友達と合流しました。この前は、1年前の桜の季節でしたっけ・・・・・・。お茶したことを覚えています。両親と訪れた薔薇の季節は、4年前だったようです。

ガーデナーさんも変わられましたので、4年前と庭も少しずつ変わっているかなあ。白いマロニエに出会えず・・・・・・。CAVE D'OCCI WINERYのマロニエ、好きだったんです。

葡萄畑の写真、よく撮れていませんでした。秋の葡萄が実る頃に、また訪れてみたいものです。同僚に聞くと、お風呂だけの利用もできるよとのこと。

ガーデンでは猫もいたのです。みんな、猫派。友達と猫の写真は、ピントが合っているけれど、他の子達がピンボケでした。ごめんよ~。

More お昼のランチ
[PR]
by aipopy | 2017-06-07 20:57 | Voyage | Comments(0)

須坂にてランチ。

b0368629_1640089.jpg

b0368629_16402416.jpg

b0368629_16404058.jpg

b0368629_119102.jpg


GARDEN SOILの後は、ランチをしようと須坂の街へ向かいました。八重桜や、アメリカハナミズキの樹木を見ながら、蔵の通りへ散策していると観光協会がありました。須坂の特産も販売されています。ブルーベリージャム、リンゴジャム、きゃらぶきや、クッキー風お煎餅を購入してから、観光協会の方に美味しいお店を紹介して頂きました。近くにあるお店にも立ち寄りたかったのですが、時間がないので諦めました。

車だとパーキングが満杯だと入れないからと駅のパーキングに停めての散策。この日は、暑くて長野の暑さを忘れていました。日傘は置いてきたし・・・・・・。焦げてしまいそうになりつつ、須坂の病院を目印に進みます。

旬菜古民家 ゆるりさんへ。お店の外観やお花は、急いでいたので撮影できませんでしたが、古民家風の建物に、季節の植物が植栽されていて美しかったです。

みんなで一緒の味噌すき焼き御前を注文しました。汗もかいたので、ちょうどよい塩分です。初めて味噌すき焼きを頂いたのですが、美味しかったのです。ご飯にちょうど合うし。茶碗蒸し、サラダ、刺身、漬物、サラダがつきました。ご飯の量は、少なめにして頂いたので完食です。

街並みを歩いて駅へ。須坂の住宅地を歩いたのですが、お庭がきれいな住宅が多かったです。車に乗り、母が行きたかった善光寺を目指しました。

写真を撮らない両親が、早く歩いて行くので写真をゆっくり撮れず・・・・・・。
[PR]
by aipopy | 2017-05-08 05:39 | Voyage | Comments(0)